永遠の大学生になるために|バイト・ゲーム・本・仕事・面白い記事のブログ

エンジニアが執筆するブログ。就職・転職記事や、面白い記事、バイト記事、映画・漫画・ゲーム記事などを更新します。。

仕事ができる人が持つ12つの特徴!できる人になる10個の方法!

【スポンサーリンク】

f:id:eternalcollegest:20190322160600j:plain

仕事ができる人と評価され、他者から信頼を得て、やりがいを持って業務に当たっている方は、あなたの会社にも一人はいるのではないでしょうか。

今回は、そのような方がどのような特徴を持っているのか、また、仕事ができない方が、できるようになるためにはどうすればよいのかについて熱く語っていきます!

仕事ができる人になり、会社に貢献したいと考えている方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです!

以下、目次となります。 

目次

 

仕事ができる人とは、どんな人?

f:id:eternalcollegest:20190322160615j:plain

仕事ができる人は、どのような人でしょうか。

職場環境や業務内容により、大きく定義は異なるため、一概には言えませんが、全般的に表現するならば、「他の同僚から厚い信頼を獲得しており、与えられた業務に対して、想定以上のアウトプットを、安定して行うことが出来る人」と、言い換えることができます。

つまり、コミュニケーション能力に優れ、他者との連携をよく行うことができ、成果物についても、高い品質を保ち、他者を驚かせるような優れた結果を出せる人物です。

このような人物であれば、どんな方から見ても「仕事ができる」と映り頼りにされるはずです。

また、様々なキャリアを積み、高いスキルを持つスペシャリストであり、同時に、多くの方と交流し、俯瞰して業務を見ることができる、ジェネラリストの側面を持つ方も、仕事ができる人ということができるでしょう。

肉体労働系の仕事の場合、また違った基準になるかもしれません。

 

仕事ができる人が持つ特徴は?

f:id:eternalcollegest:20190322160639j:plain

では、仕事ができる人は、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。

本項では、特に重要視してもらいたい特徴について、ピックアップして記載していきます!自分がどれだけ当てはまるか、チェックしてみましょう! 

①:コミュニケーション能力が高く積極的に他者と関われる

仕事は一人で行うものではありません。多くの人と関わり合い、連携して、始めて大きな目標を達成できます。

仕事ができる人は、その重要性を、よく理解しているため、他の方と常に良好な関係を保ち、いつでも協力を仰げるよう、体制を整えています。

逆に、仕事が出来ない方はそのようなコミュニケーションを図ることが苦手で、自身の殻に閉じこもりがちなため、ダイナミックに仕事を行うことができません。

他者とのコミュニケーションをないがしろにせず、積極性を持って交流できる点が、大きな特徴と言えます。

②:マルチタスクが得意

あなたは、複数のタスクを同時並行で進める、マルチタスクは得意でしょうか。

仕事ができる人は、様々な業務を並行して、ミスなく進めることが出来るという特徴を持っています。

通常の場合、複数のタスクを抱えてしまうと、それらの進捗を頭の中で管理することが難しくなり、混乱する場合がほとんどです。

しかし、仕事ができる人は、タスクを整理する能力に長けているため、多くの仕事を割り振られても、それらを輻輳させることなく整頓できます。

私が苦手なことの一つです・・・。

③:ミスなく仕事を仕上げ、スピードも早い

仕事ができる人は、アウトプットの際、ミスが少なく、業務スピードも早いという特徴を持っています。

要点を抑え、最大限、仕事効率化を図っているため、行動に無駄がなく、迅速に処理を進めることができます。

また、不必要な仕事を断捨離する能力にも長けているため、意味のない社内調整などで時間を取られることもありません。

だらだらと仕事をせず、常にスピード感を持って、業務に当たっています。

④:自分に厳しく他者に対して寛大である

f:id:eternalcollegest:20190322160925j:plain

仕事ができ、他者に尊敬される人は、常に自分を厳しく律しています。しかし、その反面、他者に対しては寛大であり、ミスを許容する心を持っています。

特に、仕事ができると思われている上司は、この特徴を兼ね備えており、他人を責めるよりも自身が努力し、その心意気で人を魅了することが多いです。

逆に、どんなに業務スピードが速く、仕事の品質が高い方でも、他者の失敗に対して狭量な方は、仕事仲間との連携がうまく取れないため、仕事ができるとは判断されません。

⑤:失敗に対するリカバリーが迅速である

上記で、仕事ができる人はミスが少ない特徴を持つと記載しましたが、もちろん、完全無欠の人は存在しないため、人であれば誰しも失敗を犯します。

しかし、仕事ができる人はそのミスに対するリカバリーも早いです。

もともと、業務を進める際にそれが失敗した場合の対処法を常にシミュレーションしているため、不測の事態が起きた場合も迅速に対応できます。

ミスが起こる前提で仕事を進められる人は、やはり他者からも信頼されますね!

⑥:様々なことに対してチャレンジ精神を持つ

何か前例のない、新しいことにチャレンジするのは、大きな勇気が必要ですし、また多大な労力を伴います。

しかし、仕事ができる人は、それを顧みず、高い目標に向かって、立ち向かう精神を持っています。

彼らは、チャレンジして失敗した際も、そこから学びとれる要素が膨大であることを知っているため、他の方が及び腰になっているときでも、目線を上げて行動に移すことが可能です。

このような方がグループにいると、集団を牽引する大きな原動力となるため、その点からも重宝されます。

⑦:地道な努力を怠らない

大抵の人は、掲げていた目標と、現実との差異に嫌気がさしてしまい、途中で努力を止め、安易な道に流されてしまいます。

しかし、仕事ができる方は、日々の自己研鑽を怠らず、着実に一歩一歩進むことが出来る人です。

このように、長く努力を継続して、結果を出している方は、その辛抱強さから、仕事仲間からの信頼も厚く、集団の根幹となり、頼られることが多くなります。

諦めず忍耐強く頑張れる方は、やはり信頼されますね!

⑧:高い倫理観を持ち仕事に当たっている

f:id:eternalcollegest:20190322160946j:plain

例え、どんなに能力が高く、優れた方でも、ルール違反や不正をしていれば、他者からの信頼を得ることはできず、道徳心も育ちません。

本当に仕事ができる方は、そのような社会倫理に反した行為がもたらす悪影響をよく把握しているため、つねにモラルを持って仕事に当たることが出来ています。

また、他者がそのような不適切な行為をした場合は、堂々と指摘できる胆力も兼ね備えており、その真摯な態度を、尊敬されることも多いです。

仕事以上に、社会人のベースになる事項ですが、仕事ができる人はほぼ間違いなくもっている特性言えます! 

⑨:プライベートと仕事をきちんと切り離している

f:id:eternalcollegest:20190322161010j:plain

仕事ができる人は、業務とプライベートをしっかりと切り離しています。

そのため、個人の時間は、きちんと身体と精神を休めることができており、その分、業務では最高のパフォーマンスを発揮しています。

だらだらと仕事をしがちな人は、このようにスイッチの切り替えが上手くなく、プライベートの時間でも無駄に仕事のことを考えてしまい、頭を休めることができません。

休養の重要性を理解できていると言い換えられるかも知れません。

⑩:物事の要点を掴み端的に話ができる

仕事ができる方は、物事を把握することが得意であり、例え複雑な要件であっても、他者に分かりやすく、端的に伝えることが可能です。

これは経験の豊富さが背景になっていることが多いため、若年層は中々持ち得ない特徴ですが、地頭が良い方の場合は、それに縛られず、相手に明瞭に要件を伝えることができます。

反対に、仕事ができないと他者から判断される方は、無意味に話が長く、相手に分かりづらい表現をしがちです。

⑪:常に問題意識を持っている

現状維持を良しとせず、常に仕事に対して問題意識を持ち、積極的に改善策を立案するのも、仕事ができる人が持つ特徴だと言えます。

「より良いものにならないか」という考えが根底にあるため、業務を多角的な視点から見ることができ、そこに存在する問題点をいち早く見つけることができます。

これは、大きいことに限定されず、小さい仕事も対象となり、業務品質の改善にも役立ちます。

周りに流されず「本当にこれで良いのか」という意識を常に保持している人と言えますね!

⑫:メンタルが強くへこたれない

健全なメンタルを保つことは、社会人として必須の要素の一つですが、仕事ができる人は、特に、この精神面の管理がうまく、またメンタル自体も強靭です。

多少のことではへこたれず、何度失敗し、恥をかこうとも挑戦し続けるガッツを持っています。

強いメンタルは、仕事を継続する上で全てのベースとなる項目のため、逆にここが弱い方は、どんなに優秀な方でも評価が高まることは少ないです。

メンタル管理は社会人の必須事項ですね!

 

仕事ができる人になるための方法!

f:id:eternalcollegest:20190322160704j:plain

仕事ができる人がどのような特徴を持つかは、上記で解説しましたが、では実際にそのように仕事ができるようになるためには、何をしたらよいのでしょうか。

以下、具体的におすすめの方法を解説していきます!

①:自身のモチベーションをアップさせる

仕事に対してモチベが低い状態では、たとえどんな方法を取ろうが、仕事ができる人と評価されることはありません。

そのため、まずは自身の業務に対するモチベーションをしっかりと管理し、それを高められるように努力しましょう。

以下のエントリーに、モチベーションアップの方法をまとめているため、まずはそちらを一読いただき、実践できるものから、始めてみて下さい!

モチベは仕事に対する重要なベースとなります!

②:タイムマネジメントを徹底する

仕事ができる人は時間管理がうまく、タイムマネジメントを徹底しています。

そのため、それを目指す方は、まずは自身が抱えるタスクを見直し、適切なタイムマネジメントを実施してみましょう。

不要な業務の切り捨てであったり、作業の圧縮による時間短縮であったりと、取り組むべきポイントは多岐にわたります。

以下のエントリーに具体的なタイムマネジメントの方法について記載しているため、詳細が知りたい方は、そちらを参考にして頂ければ幸いです!

③:仕事でイライラと感情的にならないようにする

仕事ができる人は、どんな時でも、他者に対してイライラとした不快な感情をみせることはありません。

そのため、業務中、感情的になりがちな方は、それを改善するように努めてみましょう。

マインドフルネスを実践してみたり、イライラした感情をノートに書き出したりと、多様なアプローチ方法がありますが、ぜひ、自分に合ったものを探してみて下さい。

以下のエントリーに仕事でイライラする方に向けた対処法を記載しているため、そちらも参照して下さい!

④:自分の仕事に対して自信と誇りを持つ

自分の業務に対して誇りを持っていない方は、たとえどんなに優れていようとも、仕事ができる人と周りから評価されることはありません。

そのため、お客様に見られない些細な業務でも、誇りを持ち、真摯に向き合うことが肝要と言えます。

「周りはそこまで見ていない」と思う方もいるかもしれませんが、あなたが考える以上に、周囲はあなたの行動を注視しています。

プライドを持って、地道に頑張り続ける姿勢を貫けば、必ずやそれは、あなたの評価へとつながるはずです。 

⑤:始めから「無理だ」と思わない

チャレンジン精神を育むためにも、業務について始めから「無理だ」と思わず、創意工夫を持って取り組むように意識を変革してみましょう。

困難に立ち向かうのは、時に大きな負荷を伴いますが、その行動を通して、あなたの中で熱い勇気と自信が醸成されます。

もちろん、実現が難しい事柄もあるため、その線引きはしっかりとしなければいけませんが、難題に対して始めから逃げの一手を打つ方よりは、挑戦した方が、得るものは何倍も大きいです。

どのような業務でも、挑戦する心を忘れないようにしてください!

⑥:業務を俯瞰的に見る癖をつける

目の前の仕事に囚われず、自身の業務が全体のどの部分に位置し、どんな役割を担っているのか、常に把握するように心がけましょう。

この癖をつければ、アウトプットのずれもなくなり、より案件に沿った成果物を提出できるようになるため、仕事をできる人と評価されやすくなります。

また、全体を見れるようになれば、不必要な仕事にも気づきやすくなり、仕事について、本当に必要な部分に注力できるようになるでしょう!

管理者側になった時も、この時の癖は役立ちます!

⑦:休日を精一杯満喫して気持ちを切り替える

上記したように、仕事ができる方はプライベートと業務の切り替えが、とても上手です。

そのため、ぜひあなたも仕事と同様に休日もしっかりと楽しめるようにしましょう。

運動不足の方は、軽く汗を流しても良いですし、好きな趣味に没頭してみても良いかもしれません。

休日の過ごし方について、悩みがちな方は、以下のエントリーに様々な過ごし方をまとめているため、合わせて参考にして頂ければ幸いです!

⑧:自分がやりがいを持てる業務を探してみる

仕事に対して情熱を持って取り組むためには、業務自体に大きなやりがいを感じていなければいけません。

そのため、今の仕事に対して、特にやりがいを感じていない場合は、あなた自身にフィットした業務を模索する必要があります。

特に大企業に勤務している方であれば、部署毎で全く違う仕事が用意されているため、ぜひ社内ページなどで、自社がどんな業務を行っているのか、調べてみましょう。

あなたの琴線に触れる仕事が見つかれば、それを惰性で行っている他の方よりも、何倍も高いパフォーマンスを発揮でき、評価も高まるはずです!

仕事のやりがい探しをしてみて下さい!

⑨:数字にこだわるようにする

f:id:eternalcollegest:20190322160723j:plain

仕事の評価は、基本的に定量的な数字で決まることが多いです。

例えば、営業であれば、「何円売り上げた」とか、エンジニアであれば、「切り戻しなく何件構築作業を達成した」など、客観視しやすい数字を用いて判断されます。

そのため、仕事ができる人になりたければ、その数字に誰よりも拘るようにしてみましょう。

より高い数値目標を立て、それを達成するように最大限努力すれば、その真摯でチャレンジングな姿は、必ず他者を魅了して、仕事ができる人だと認識されるようになるはずです。

特に、業務内容が数字に反映されやすい人は、それを少しでも伸ばせるように、思考を巡らせ、努力を惜しまないようにしましょう。

真に数値に拘れるようになれば、結果は必ずついてきます。

⑩:自身のポテンシャルが生かせる仕事を見つけるため、転職エージェントに相談する

仕事には、向き不向きがあります。

他者と接するのが好きな方、機械と向き合いそれを制御するのが得意な方、独創的なアイディアを生み出すことに楽しさを感じる方など、様々です。

そのため、今の会社では、自身のポテンシャルを生かせないと感じている方は、そこに縛られず、他の会社に活路を見出すのも一つの手です。

自身が本当は何がしたいのか、どのような社会人生を送りたいのかを真剣に考え、それらを一度転職エージェントに話してみましょう。

良いエージェントであれば、あなたの意向をくみ取り、最大限輝ける環境を提案してくれるはずです。

あなた自身にあった企業を発見し、そこに入社できれば、仕事ができる人になるための、大きな一歩を踏み出したことになりますよ!

以下の記事におすすめの転職エージェントをまとめているため、そちらも合わせて参考にして頂ければ幸いです!

 

仕事ができる人になりたい方が注意するべきこと

f:id:eternalcollegest:20190322160738j:plain

「仕事ができる人に早くなりたい!」と思っている社会人に向けて、注意してもらいたい事項を以下に記載していきます。

どれも重要な事項なので、ぜひ一読ください!

①:無理のし過ぎは続かない

仕事ができる人になりたいからと言って、何でも請け負い、業務量を闇雲に増やしても、ただ、負荷が強まるだけで、うまくはいきません。

そのため、自身のキャパシティをしっかりと把握し、それ以上の業務を無理に背負い込まないように注意しましょう。

「早く仕事ができる人になりたい」と焦る気持ちがあるかもしれませんが、許容可能な仕事量は、急には増えません。

そのことを忘れずに、一歩ずつ着実に進むことを心がけて下さい。

②:残業は仕事ができる人はしないことを知る

古い体質の会社では、残業をより多くする方が、仕事ができる人だという信仰が根強く残っている場合があります。

しかし、それは大きな間違いです。

本当に仕事ができる方は、業務の調節が巧みであり、無駄な残業は一切せず、決められた時間内で過不足なくきっちりと仕事を仕上げます。

そのため、残業しがちな方は、まずはそれを改め、より定時を意識して業務に取り組むように注意しましょう。

無駄な残業は極力減らして、限られた時間で最大限のアウトプットを出すことに注力しましょう。

③:ズルや不正は行わない

他者から、仕事ができる人に見られたいからと言って、ズルや不正をすることは、言語道断です。

そのように、抜け道を使って表面を取り繕っても、いずれはバレてしまい、信用の失墜に繋がります。

気になる方は、自身の胸に手を当て、深く自問自答してみて下さい。

そこで公にできないようなことがある場合、必ず自身を戒めて、それを改善するように最大限の努力をしましょう。

他人に言えないようなことをするのは、絶対に止めましょう。

 

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

仕事ができる人の特徴や、それになるための具体的な方法について、詳しく説明していきました。

仕事に対して、劣等感を持っている人ほど、早く「できる人」になりたいと思いがちです。しかし、急に業務スピードがあがり、仕事ができるようになるわけではないため、ぜひ上記の方法を参考に無理のないペースで進めてみて下さい!

あなたが仕事ができる人になり、素晴らしい活躍をして、社会に貢献できることを心より祈っています。

 

他、仕事関連のエントリーはこちら!