永遠の大学生になるために

アラサーリーマンの現役エンジニアが永遠の大学生気分を味わう日記。就職・転職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

なぞかけ100個を難易度別一覧で一挙紹介!

【スポンサーリンク】

f:id:eternalcollegest:20190423151335j:plain

今回は、なぞかけについて、難易度別に一覧で紹介していきます!

なぞかけに興味がある方、難しい問題にチャレンジしたい方は、ぜひ一読下さい!

以下、目次となります。 

目次

 

なぞかけとは?

f:id:eternalcollegest:20190423151352j:plain

なぞかけを一覧で紹介するまえ、まず「なぞかけ」そのものについて、簡単に解説してきます。

なぞかけとは、基本的には、以下の形式にて問われます。

「〇〇とかけて、△△と解きます。その心は、どちらも◇◇です」

〇〇と△△については、一見何の繋がりもなく見えますが、その単語が持つ意味を考えることにより、共通点を見出します。

言葉遊びの一種でもあり、芸人では、「ねづっち」などが得意としているため、それがきっかけでなぞかけの存在を知った方も多いのではないでしょうか。 

 

なぞかけ難易度レベル1!初級レベルのなぞかけ!

まずは、なぞかけの中でも、比較的簡単なものを初級編として紹介していきます!

意味をきちんと考えれば、答えられるものばかりなので、ぜひチャレンジしてみて下さい!  

①:南国のビーチとかけて、休日の警察官と解きます。

 

その心は・・・、「しふく」(至福・私服)の時を過ごしています。

 

②:「好きな人」とかけまして「嫌いな人 」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はなしたくない」(離したくない・話したくない)でしょう!

 

③:秋とかけまして、薬と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こうよう」(紅葉・効用)があるでしょう。

 

④:「はさみ」とかけまして、「銀行」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ちょきん」(ちょきんと切る・貯金)するものです。

 

⑤:「鍋に欠かせない野菜」とかけまして、「虫歯の人」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はくさい」(白菜・歯臭い)でしょう。

 

⑥:「お風呂」とかけまして、「もぐら叩き」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ぽかぽか」(ポカポカ温まる・ポカポカ叩く)するものです。

 

⑦:「山の景色」とかけまして、「オーケストラ」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「しき」(四季、指揮)によって随分変わります。

 

これはレベル1の中でも、非常に良く出来ているなぞかけですね!

 

⑧:「夢」とかけまして、「ぼろぼろの靴」と、解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はかない」(儚い・履かない)ものです。

 

⑨:「人事部」とかけまして、「民主党」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「やとう」(雇う・野党)側です。

 

⑩:「餃子」とかけまして、「三流新聞」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きじ」(生地・記事)が薄いです。

 

なぞかけ難易度レベル2!

レベル1と比較して、やや難易度が上がりますが、まだ十分に簡単なレベルになります!

肩の力を抜いて考えてみて下さい!

①:「忘年会」とかけまして、「主人公」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「しゅえん」(酒宴・主演)でしょう。

 

お酒の宴と物語の主人公を、うまくかけている、なぞかけです!

 

②:「コンビニ」とかけまして、「祭りの金魚」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも「かいたく」(買いたく・飼いたく)なるでしょう。

 

③:「就活」とかけまして、「お葬式」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「せんこう」(選考・線香)がつきものです。

 

④:就活とかけまして、心臓と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「どうき」(動機・動悸)が必要です。

 

就活を使ったなぞかけの中でも、個人的に好きなものの一つです!

 

⑤:オリンピックとかけまして、八百屋と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「せいか」(聖火・青果)がつきものです。

 

⑥:意中の人とかけまして、果物と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きになる」(気になる・木になる)ものでしょう。

 

⑦:「ラーメン」とかけまして、「家電」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こしょう」(胡椒、故障)がつきものです!

 

⑧:「お花見」とかけまして、「両国国技館」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「せきとり」(席取り、関取)がいますね!

 

桜を見るために、席取りをするのを、よくかけている、なぞかけです!

 

⑨:「ギター」とかけまして、「ハンガー」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、ロッカーには欠かせません!

 

ロックロールのロッカーと、衣服を入れておくロッカーをかけた、なぞかけです!

 

⑩:「携帯電話」とかけまして、「津軽弁」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「けんがい」(圏外、県外)では通じません。

 

津軽弁を名古屋弁など、他のローカルな方言に置き換えても、どうようのなぞかけが作れますね!

 

なぞかけ難易度レベル3!

少しずつレベルがあがり、やや語彙力を問われる問題も現れます。初級編の最期を締めくくるにはちょうど良いレベルの問題ばかりなので、ぜひチャレンジしてみて下さい!

 

①:海とかけまして、ストレスのたまった人の胃と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かいよう」(海洋・潰瘍)が広がっているでしょう。

 

②:お味噌汁とかけまして、良い夢と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「さめてほしくない」(冷めてほしくない・覚めてほしくない)ものです。

 

覚めてほしくない夢・・、ちょっとロマンチックな、なぞかけですよね!

 

③:「あくび」とかけまして、「ところてん」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「つかれたら」(疲れたら・突かれたら)出ます。

 

④:「高級バッグ」とかけまして、「幼い娘へのプレゼント」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かわいい」(皮良い、可愛い)ものが好まれます!

 

⑤:「燃えないごみ」とかけまして、「警戒心の強い猫」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「びんかん」(ビン缶、敏感)です

 

⑥:「マイナス思考」とかけまして、「嵐の中の船」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こうかい」(後悔、航海)して沈みます。

 

⑦:「フリーダイヤル」とかけまして、「気晴らしの散歩」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ただでかけます」(タダで掛けます・ただ出掛けます)

 

レベル3の中でも少し難しめな、なぞかけです!

 

⑧:「入学式」とかけまして、「渋いお茶」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「たんにん」(担任、タンニン)が気になります!

 

緑茶の成分が思い浮かぶかどうかで、このなぞかけは回答できるか決まるでしょう!

 

⑨:「梅雨」とかけまして、「ケバいおばちゃん」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こうすい」(降水・香水)の量が多いです。

 

⑩:「インターネット」とかけまして、「フィギュアスケート」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、リンク(ページのリンク・スケートのリンク)で飛びます。

 

やや難しめです。ネット上のリンクを踏んでページを遷移するのと、スケートリンクの上でジャンプするのをかけています。

 

なぞかけ難易度レベル4!中級レベルのなぞかけ!

ここからは、中級レベルのなぞかけに入っていきます。

やや頭をひねらなければ回答できないものも増えてくるため、頭を柔らかくしてチャレンジしてみましょう!

 

①:新築タワーマンションとかけまして、ボロボロの建物と解きます。

 

その心は・・・、どちらも「かいたい」(買いたい・解体)でしょう。

 

②:「なぞかけ」とかけまして、「戦闘機」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きちにとんで」(機知に富んで・基地に飛んで)います。

 

機知に富むとは、言動が場所や状況に適していて、感心するさまを形容する表現です。

 

③:「ブラックコーヒー」とかけまして、「足の遅い野球選手」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「とうるい」(糖類・盗塁)の心配はありません。

 

④:「浦島太郎」とかけまして、「入れ歯」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かめない」(亀無い、噛めない)と話になりません。

 

⑤:「防犯」とかけまして、「お得な情報」ととく。

 

その心は・・・、どちらも、「かぎつける」(鍵付ける・嗅ぎつける)ことが重要です!

 

鍵をつけることと、お得な情報を嗅ぎつけることを、上手くかけた、なぞかけですね!

 

⑥:「男子100m決勝」とかけまして、「救急搬送」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きゅうびょうか、じゅうびょう」(9秒か10秒・急病か重病)です。

 

レベル4の中でも、屈指の難易度です。100m決勝では、おおよそ9秒か10秒のタイムがでるので、それを急病とかけています。

 

⑦:「お寺」とかけまして、「ラジオ」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「しゅうは」(宗派、周波)ごとに違います。

 

⑧:「信号機」とかけまして、「期末試験」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「あかい」(信号が赤い・試験結果が赤い)と、先に進めません。

 

⑨:「扇形」とかけまして、「勘当した息子」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「えん」(円・縁)を切りました。

 

扇形を「円を切った図形」と捉えられたら、このなぞかけは即答できるはず!

 

⑩:「ガムテープ」とかけまして、「マイク」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ほうそう」(包装、放送)に使います。

 

なぞかけ難易度レベル5!

中級レベルの中でも、レベル4より、より難しいなぞかけを厳選しました。

このランクから、風刺の効いたなぞかけも登場するため、ぜひそれも合わせて楽しんでもらえれば幸いです!

 

①:婚活とかけまして、混んでいるトイレと解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「あいていない」(相手いない・空いていない)と焦ります。

 

②:「マラソン」とかけまして、「道端のゴミ」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ひろう」(疲労、拾う)が、すぐに溜まります。

 

ゴミを拾うけれど、すぐに溜まってしまう様子を表しています。

 

③:「ボーナス」とかけまして、「腹筋」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、人によって「はらわれる」(払われる、腹割れる)度合いが違います。

 

支払いと、腹筋が割れる様子を上手くかけた、よいなぞかけです。個人的にレベル5の中では一押しです!

 

④:「ウェブサイト」とかけまして、「アイドルのコンサート」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「どっとこむ」(.com、どっと混む)でしょう。

 

ウェブサイトのドメインと、コンサートが混雑するさまをかけています。少々、強引ななぞかけです。

 

⑤:「試合の前日」とかけまして、「話が下手な人」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「おちつきません」(落ち着きません、オチつきません)

 

話が下手な人ではなく、若手芸人などに置き換えても良いでしょう!

 

⑥:「蚊」とかけまして、「不良」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「せんこう」(線香、先公)が苦手です!

 

⑦:「超能力者」とかけまして、「資産運用」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「とうし」(透視、投資)で儲けます!

 

⑧:「スイカ割り」とかけまして、「ロボットコンテスト」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「めかくし」(目隠し、メカ駆使)します!

 

すいか割りから、目隠しを連想しやすいので、比較的、回答しやすいなぞかけです!

 

⑨:「ビール」とかけまして、「付き合い始めのカップル」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「あわない」(泡無い、会わない)と不満です!

 

⑩:「お好み焼き」とかけまして、「多額の融資」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かえさないと、こげつきます」(お好み焼きをひっくり返さないと焦げる・融資が焦げ付く)

 

投資した資金が回収できなくなることを、「焦げ付く」と表現します!

 

なぞかけ難易度レベル6!

①:花粉症とかけまして、どう猛な犬と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はなたれる」(鼻垂れる・放たれる)と大変です。

 

②:「戦国時代」とかけまして、「発展途上国」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「おだ」(織田、ODA)が活躍します。

 

政府開発援助(Official Development Assistance)の略称がODAとなります。

 

③:「草食系の彼氏」とかけまして、「音信不通の友人」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「たよりなく」(頼りなく、便り無く)、不安です。

 

④:「漬物」とかけまして、「内定獲得」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ていしょくにつきます」(定食に付きます、定職に就きます)

 

レベル6の中でも難問です!特に、漬物が定食料理についてくる、という発想は頭を柔らかくしなければ出てこないでしょう。

 

⑤:「告白」とかけまして、「第一審敗訴」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こうさい」(交際、高裁)を求めます。

 

⑥:「酒豪」とかけまして、「海への散骨」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はかなくても」(吐かなくても、墓無くても)平気です。

 

散骨とは、遺骨を細かく砕き粉状にして、海や河、陸地に撒くという葬送方式を指します。

 

⑦:「梅雨」とかけまして、「スランプのバッター」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、しばらく「うてん」(雨天、打てん)でしょう。

 

⑧:「永遠の愛」とかけまして、「もぐら」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ちかいます」(誓います、地下います)

 

⑨:「のど自慢」とかけまして、「下手な寿司職人」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、もっとサビを「きかせて」(聞かせて、利かせて)欲しいです。

 

寿司のサビと、歌のサビを上手に掛け合わせた、なぞかけの良問です!

 

⑩:「作家」とかけまして、「人に言えない秘密」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かくしごと」(書く仕事、隠し事)です。

 

なぞかけ難易度レベル7!高難易度のもの厳選!

ここから高難易度のなぞかけが出題されます!

どのなぞかけも難しいものばかりなので、腰を据えて取り組んでみましょう!

①:機長の隣にいる人とかけまして、ファッション誌の愛読者と解きます。

 

その心は・・・、どちらも「ふくそうじゅうし」(副操縦士・服装重視)です。

 

②:メールとかけまして、美容外科と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「じゅしん」(受信・受診)して、「へんしん」(返信・変身)します。

 

③:財布とかけまして、尻軽女と解きます。

 

その心は・・・、どちらも「おとしやすい」(落としやすい)でしょう。

(※財布は物体として落としやすい、尻軽女は恋に落としやすいことを示します。)

 

④:「福引き」とかけまして、「うがい」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「ガラガラ」(福引器・がらがらうがい)で、「きん」(金、菌)出したいです!

 

福引器とうがいをかけた、なぞかけです!

 

⑤:「地雷」とかけまして、「大会の前に病気」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かんち」(感知、完治)しないと、「きけん」(危険、棄権)です!

 

⑥:「テレビ局」とかけまして、「売れない芸人のバイト」と解きます!

 

その心は・・・、どちらも、「しゅうろく」(収録、週6)もあるんです!

 

ちょっと笑いを誘う、面白いなぞかけですね!

 

⑦:「夫婦喧嘩」とかけまして、「ピーチ姫」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「さらわれます」(皿割れます、さらわれます)。

 

ピーチ姫がクッパに攫われるの定番なので、分かる人にとっては簡単ななぞかけでしょう!

 

⑧:「赤ちゃん」とかけまして、「クラシックコンサート」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「せいちょう」(成長、清聴)して欲しいです。

 

⑨:「郵便局」とかけまして、「床屋」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「ちょきんときって」(貯金と切手、チョキンと切って)もらえます。

 

チョキンと切るという、擬音語が思い浮かんだ方は、かなり頭が柔らかいですね!

 

⑩:「日本酒」とかけまして、「二日酔い」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ちょうし」(銚子、調子)が傾きます。

 

銚子とは、酒器の一種です。徳利(とっくり)と合わせて使います。

 

なぞかけ難易度レベル8!

レベル7よりも、より難易度が高いなぞかけを集めました。

高難易度に慣れてきた方は、ぜひ、どんどんトライしてみましょう!

①:年賀状とかけまして、山での遭難と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「へりくだる」(謙る・ヘリ下る)でしょう。

 

②:ミニスカートとかけまして、結婚式のスピーチと解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「みじかい」(ミニスカートの丈が短い・スピーチの時間が短い)方が喜ばれるでしょう。

 

結婚式のスピーチを、校長先生の話と置き換えても同様のなぞかけができますね!

 

③:「ルパン三世」とかけまして、「大きな山」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、峰が「ひろいん」(ヒロイン・広いん)です。

 

やや強引ですが、峰不二子がヒロインであることをかけた、なぞかけです。

 

④:「洗濯物」とかけまして、「冤罪」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「こうそ」(酵素・控訴)で、「しろ」(白、シロ)になります。

 

冤罪(えんざい)という言葉の意味を知らないと、中々答えに辿り着きにくいなぞかけですね!

 

⑤:「人気バラエティ番組」とかけまして、「与党に返り咲き」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「しんこうやく」(進行役・新公約)が立派です」

 

番組の進行役と、新しい公約をかけた、上手いなぞかけです!さすがレベル8と言えるでしょう!

 

⑥:「ライバル」とかけまして、「味噌汁」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「だしぬく」(出し抜く、出汁抜く)と味気なく感じます。

 

味噌汁の出汁(だし)をかけた、なぞかけですね!

 

⑦:「鍋」とかけまして、「上野名物」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「さいごうどん」(最後うどん・西郷どん)です!

 

⑧:「はしご」とかけまして、「お通夜」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、ゆっくりと「しょうこう」(昇降、焼香)します。

 

焼香(しょうこう)とは、仏や死者に対して香を焚いて拝むことを指します。

 

⑨:「結婚式」とかけまして、「なかなか進まない曲作り」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「しんぷにはしんろう」(新婦には新郎、新譜には心労)がつきものです。

 

⑩:「豚骨ラーメン」とかけまして、「洗いたてのタオル」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きゅうしゅう」(九州、吸収)がよいです!

 

九州以外のラーメンを好きな方にとっては、少し腑に落ちない、なぞかけかもしれません。

 

なぞかけ難易度レベル9!簡単なもの10問を厳選!

いよいよ残りの問題も少なくなり、これ以降紹介するなぞかけは、全てハイレベルなものばかりです。

また、ウィットに富んだジョークも混じっているので、それも合わせて楽しんでもらえれば幸いです!

 

①:ニコニコ動画とかけまして、小学校と解きます。

 

その心は・・・、どちらも「きゅうしょく」(給食・求職)が多いでしょう

 

②:雪とかけまして、下手な漫才師と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きゅうにふられる」(急に降られる・急に振られる)と対応できません。

 

「雪が降る」のと、「話を振られる」のをかけています。

 

③:「宿題」とかけまして、「剣道」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「めんどうくさい」(面倒くさい、面・胴臭い)です。

 

④:「漢文」とかけまして、「アイドルへの恋心」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「かなわない」(仮名は無い、叶わない)です。

 

切ないなぞかけですが、良く出来ていますね!

 

⑤:「ヒトラー」とかけまして、「クレーマー」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「そうとうかっか」(総統閣下、相当かっか)していました。

 

クレーマーが怒ることについて、「かっかする」という表現が思い浮かべば、回答は目の前ですね!

 

⑥:「焼き鳥屋」とかけまして、「娘の縁談」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、親父が「すみでやいて」(炭で焼いて、隅で妬いて)います。

 

⑦:「激しい運動」とかけまして、「企業イメージ」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ふしょうじ」(負傷時、不祥事)は避けたいです。

 

⑧:「選挙」とかけまして、「港町」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「かいせん」(改選、海鮮)には、「にんき」(任期、人気)があります。

 

⑨:「参議院」とかけまして、「山奥の老舗旅館」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「にんき」(任期、人気)はあるけど、「かいさん」(解散、海産)はありません。

 

上に引き継いで、政治関連のなぞかけですね!

 

⑩:「天ぷら」とかけまして、「ダイヤモンド」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「からっとあがる」(カラッと揚がる、カラット上がる)と嬉しいです。

 

ダイヤモンドの重さを表す、カラット(Carat)をかけた、なぞかけです。

 

なぞかけ難易度レベル10!超難問10選!

いよいよ最終レベルである10が始まります!

語彙力を問われる難問が多いため、小さい方にとっては、難しく感じる場面もあると思いますが、めげずにチャレンジしてみましょう!

 

①:転勤とかけまして電子メールと解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ポスト」(配属先のポスト・郵便ポスト)がなくても、簡単に「とばせます」(転勤先へ飛ばす・メールを飛ばす)

 

サラリーマンの哀愁漂うなぞかけですね・・。

 

②:お化け屋敷とかけまして、お坊さんと解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「どきょう」(度胸・読経)が求められます。

 

読経とは、お経を読むことを指します。

 

③:「プロ野球」とかけまして、「野党」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「とうしゅがないかくをせめます」(投手が内角を攻めます、党首が内閣を責めます)

 

政治関連のなぞかけの中でも、特に難易度が高いです!

 

④:「スケート」とかけまして、「選挙」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「はくひょうはきけん」(薄氷は危険、白票は棄権)です。

 

⑤:「夫婦」とかけまして、「悪性の風邪」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「ねつ」(恋愛に対する熱、体調不良の熱)は冷めているのに、「せき」(籍、咳)が抜けません。

 

⑥:「ボランティア」とかけまして、「きのこ」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「じゅよう」(需要、樹葉)があれば、「ほうし」(奉仕、胞子)が広がります。

 

⑦:「甲子園」とかけまして、「飲食店のアルバイト」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「きゅうじがはっきゅう」(球児が白球に、給仕が薄給に)に泣きます。

 

⑧:「ラクダ」とかけまして、「波平とサザエの喧嘩」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、「さばくのふね」(砂漠の船、裁くの舟)です。

 

ラクダは別名「砂漠の船」と呼ばれています。また、波平とサザエさんの喧嘩を仲裁するのは、フネさんですね!

 

⑨:「松岡修造」とかけまして、「寿司職人」と解きます。

 

その心は・・・、どちらも、「てにす」(テニス、手に酢)がつきものです!

 

レベル10の中では、まだ簡単ななぞかけです。個人的に松岡修造が好きなので、ランクインさせました。

 

⑩:「泥棒」とかけまして、「おたまじゃくし」ととく。その心は「

 

その心は・・・、どちらも、そのうち「あしがつきます」(犯人の身元が分かり足がつくこと、足がついて、カエルになること)

 

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

なぞかけについて、レベル別に様々なものをまとめていきました。

語彙力を問われるものや、頭の柔軟性を問うものなど、様々ななぞかけを揃えましたが、一つでも気に入ったものが見つかれば、これ以上嬉しいことはありません。

 

他、面白・ネタ系の記事はこちら!