永遠の大学生になるために|バイト・ゲーム・本・仕事・面白い記事のブログ

エンジニアが執筆するブログ。就職・転職記事や、面白い記事、バイト記事、映画・漫画・ゲーム記事などを更新します。。

29歳で転職を成功させる10個のコツ!注意点や未経験の場合も合わせて解説!

【スポンサーリンク】

f:id:eternalcollegest:20190120142644j:plain

今回は、29歳で転職を考えている方に向けて、それを成功に導くコツや、注意点についても合わせて解説していきます。

30歳を目前にして、自身のキャリアを見直すためにも、転職を考える方は多いはずです。本エントリーがそのような方の一助になれば幸いです。

以下、目次となります。   

目次

 

29歳の転職市場の価値はどの程度か

f:id:eternalcollegest:20190120142709j:plain

①:ポテンシャルもギリギリ見られる年齢

29歳は30歳手前であり、ポテンシャルを鑑みた採用をされるギリギリの年齢層と言えます。

採用企業により異なりますが、転職市場全体から見ると、まだ再教育できる余地がある
年代と考えられ、企業も比較的広く門戸を開いています。

しかし、当然25歳や26歳で転職を考えている若手よりは、間違いなくキャリアを重要視されるため、その点は十分に注意してください。

②:基本的には即戦力として期待される

29歳の大卒であれば、社会人経験が5年以上あるため、採用後はすぐに働ける即戦力として期待されることがほとんどです。

特に同じ業界での転職を考えている場合は、入社後すぐに戦力として扱えると採用側の企業は考えています。

また、前職の経験によっては、管理側の職務を任せられる可能性もあります。

③:転職市場のボリュームゾーン

28歳や29歳は転職市場のボリュームゾーンであり、中途採用のため、企業も積極的に活動しています。

そのため、転職希望者には多くのチャンスがある年代とも言え、キャリアアップを狙った転職もしやすい年齢層です。

スキルを活かして、中小企業から大企業への転職や、成果主義のベンチャー企業への転職など、多くの企業を天秤に掛けられる点が魅力です。

 

29歳と30歳では転職市場価値は大きく異なる?

f:id:eternalcollegest:20190120142903j:plain

さて、29歳で転職を考えている方が一番気になる点は、30歳とどのように市場価値が異なるということではないでしょうか。

これには、様々な見方がありますが、基本的に以下がポイントになります。

①:同業種への転職であれば大きな問題はない  

まず、現職から同業界への転職を考えている方であれば、29歳と30歳で大きな違いはありません。

採用側からしても、ただ1歳年齢が異なるだけなので、その点よりも、前職での経歴や、取得資格、実績を気にします。

そのため、焦って動くよりも、自身のスキルの棚卸をしっかりと行い、地に足のついた転職活動を行う方が堅実です。  

②:異業種への転職の場合足きりになることも

未経験で他業種へのチャレンジ転職の場合、求人の募集要項を気にする必要があります。

もちろん、求人に年齢制限の記載はありませんが、企業側で29歳までと暗に年齢を区切っている場合があり、30歳になると、そもそも書類選考の段階で足切りを受けかねません。

そのため、選択できる企業が少なくなり、チャンスが減ってしまう可能性が高まります。

また、異業種への転職を考えた理由や、熱意などをより強く面接官に伝える必要があり、29歳の時よりも周到な準備が必要になります。

ポテンシャル採用の年齢区分について、各企業でそのボーダーラインは異なるため、一概には言えませんが、29歳が一つの境目となりやすいのは事実です。

 

29歳の転職で考えるべきこと

f:id:eternalcollegest:20190120142736j:plain

本項では29歳で転職をするにあたって、そのタイミングでぜひ考えてほしいことを記載していきます。

節目となる30歳を控えた重要な時期のため、ぜひ以下のことを一度は考慮してみてください。

①:今後のキャリアパスを設定する

29歳であれば、5年後、10年後どのようなキャリアを積みたいのかを、転職前に真剣に考慮する必要があります。

なぜなら、プランを立てずに退職し、焦って次の企業に転職しても、待っているのは後悔だけです。

今後どんな経験を積み、どのような人間に成長したいのかを明確にして、それを基準として企業選びをしてみましょう。

もし、とにかく今の仕事を辞めたいという考えに囚われてしまい、自身のキャリアなど考える余裕がないという方は、まず以下のエントリーを読んで気持ちに折り合いをつけてみましょう!

②:ライフプランについても真剣に考える

仕事だけでなく、結婚や家庭など、自身のライフプランについても転職を機にしっかりと考えてみてください。

なぜなら、生活基盤が整っていなければ、モチベーションを高く保って仕事を続けることは難しく、転職後も定着しにくいからです。

時間のバランスが業務に傾きすぎている人ほど、プライベートな時間をないがしろにしがちなため、配分を見直し、長期的な目で人生設計をするよう心がけましょう。  

③:異動できないかどうか考える

転職ではなく、現職の会社にて異動を申請することも一度は考慮してみましょう。

特に大企業であれば、支社も多く、提携している企業も多岐に渡るため、出向などの方法で、全く違う業務を行うことも可能です。

会社の人事と話すのが面倒だと感じるかもしれませんが、転職を行うよりもリスクがなく、仕事を環境を変えることができるため、一考の価値は十分にあるでしょう。

逆に中小企業などの場合、異動先の部署の選択肢がないため、転職の際に考慮する必要はあまりありません。

 

29歳で転職を成功させるための具体的な10個のコツ!

f:id:eternalcollegest:20190120142802j:plain

では、29歳で転職を成功させ、内定をもらうには具体的にどうしたら良いのでしょうか。以下に、コツを記載していきますので、ぜひ参考にしてください!

①:キャリアに迷ったら専門家に相談する

29歳において、今後のキャリアパスに迷ったまま転職活動を続けても待っているのは納得のいかない結果だけです。

そのため、今後どのようなキャリアを描くか自身で明確にできない人は、転職エージェントなどの専門家を積極的に利用しましょう。

利用後、たとえ転職をしないという決断をしたとしても、面談を通して、あなた自身のキャリアの棚卸ができるため、得るものは大きいです。

以下のエントリーに実際に私が利用したエージェントである、ワークポートの評判などを記載しているため、興味がある29歳はぜひご一読ください。

また、より詳細な情報については、以下のワークポート の公式サイトをご確認ください。

②:社会人経験をどのように面接官に伝えるか整理する

29歳であれば、大学卒の場合は約7年、大学院卒の場合は約5年の社会人経験を積んでいることになります。

その経歴を、きちんと採用企業に伝えられるかどうかで、面接の合否が変わってきます。

そのため、具体的に、どんな業務に携わり、そこで発生した課題に対して、どのように解決し、どんな結果を得たのかをしっかりとアピールしましょう。

特に面接官は困難にぶつかった時に、自分で考えて行動できる人間かを見ているので、そのようなエピソードが一つあれば、好印象を与えることができます。 

③:想定質問集の答えをしっかりと準備する

29歳の転職だけでなく、全年齢の転職で重要なことですが、面接での基本的な想定質問集に対しての答えをしっかりと準備し、暗記しておきましょう。

志望動機や自己PRはもちろんのこと、前職の退職理由や、自身の強みなど、より多くのことを覚えておけば、面接で失敗することも少なくなります。

転職エージェントを利用すれば、企業に沿った想定質問集も準備してくれるため、それらをうまく活用しても良いでしょう!  

④:志望する企業が求めている人材像を把握する

企業により、具体的に今後どの分野を伸ばしていきたいのかは決まっており、それを補完するための、優秀な人材を求めています。

つまり、企業が採用したい人物像というのは予め決まっており、人事はそれに沿って、転職希望者を選定しているということです。

その前提を理解し、志望する企業が欲しいと思う能力をアピールすることが内定獲得への近道になります。

例えば、今後人工知能の分野を伸ばしたいと考えている企業に対して、幾ら他の優秀なエンジニアリングのスキルをアピールしても、やはり決定打とはなりません。

孫氏の名言で「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という言葉があるように、企業を知り、自身の能力を把握するように心がけましょう。 

⑤:求人票に記載の年収には十分に気を付ける

29歳であれば、今後様々なライフイベントで色々とお金がかかるものです。そのため、転職先の年収には十分に注意を払いましょう。

特に求人票記載の年収については、みなし残業代を含む給料なのか、それとも基本給で別途残業代が支給されるのかなど、しっかりと確認してください。

この点を見落としていると、入社後、思ったほど給与が高くなく不満が募ってしまうなどトラブルの種になりかねません。

また、可能であれば、転職エージェントを通して年収交渉を行ったほうが、より好条件で就業することができ、満足度も高くなります!

⑥:面接では結論から先に話す

面接に慣れていない29歳の方ほど気を付けてもらいたいことですが、試験官からの問いかけに対しては、必ず結論から話すように心がけましょう。

また、回答は基本的に1分以内で話すことを目標として、冗長な話は極力避けるようにしてください。

もし面接でどうしても緊張してしまうという方は、面接で緊張をほぐすための方法を以下にまとめてあるため、合わせて参考にしていただければ幸いです。

⑦:しっかりと自身の意思を伝えることも重要!

採用面接において、自身の希望をきちんと企業に伝えることが出来ているでしょうか。

内定を取ることだけに重きをおいてしまい、採用担当者の質問に対して見栄えの良いことだけを言ったとしても、入社後非常に後悔することになります。

自身の意思をしっかりと伝え、やりたい仕事、やりたくない仕事を明確にし、それを試験官に包み隠さず伝えてみてください。

もし、その結果不採用だとしても、それはミスマッチを事前に防げたという点で、あなたにとっても利益があるはずです。  

⑧:企業の口コミ情報をきちんと集める

企業の内情は、そこで勤務する方が一番よく知っています。そのため、29歳で転職を考えている方は、それらをしっかりと集めるように動きましょう。

もし、どのように情報収集してよいか分からないという方は、企業の口コミを多く掲載している「キャリコネ」などの転職サービスを活用してみてください!

その会社で勤務経験のある方が、等身大の意見を細かく記載しており、社内の雰囲気や、残業の状況なども知ることが出来ます。

具体的な口コミが知りたい方は、以下キャリコネ の公式サイトを参考にしていただければ幸いです!

⑨:可能であれば一度見学をする

可能であれば、転職エージェントなどを通じて、採用企業とコンタクトを取り、一度社内の見学に赴いてみましょう。

実際に転職先の内部を見ることにより、モチベーションもが上がりますし、自身がそこで活躍する姿を想像しやすくなります。

複数企業を受験する場合、その全てを見学する必要はありませんが、志望度が高い企業に関しては、なるべく予定を開けるようスケジューリングしてみてください!

⑩:面接練習のため志望度が低い企業もチェックする

第一志望の企業の面接を通過するために、できる限り他企業に応募し、事前に面接練習を行いましょう。

面接は回数を重ねれば重ねるほど、技術が上達し、相手に与える印象も良くなります。

もちろん、新卒の時ほど、たくさん応募する必要はありませんが、滑り止めも兼ねて、最低2社から3社は確保しておきたいところです。

面接練習の手間は惜しまないように!

 

29歳の転職で注意するべき点は?

f:id:eternalcollegest:20190120142831j:plain

29歳で転職を考えている方であれば、幾つか注意しておいた方が良い点があります。本項では、それらについて、具体的に解説していきます。

①:未経験業界へのチャレンジなら最後のチャンス

未経験業界への転職を考えている方は、上述した30歳での区切りもあるため、今回の転職が最後のチャンスだと考えて真剣に取り組むことを強く推奨します。

30代中盤になったあと、「やはり、あちらの業界に飛び込んでおけば良かった」と、後悔しないために、今後の長い社会人人生を見据えた判断をしてください。

次回チャンスを期待するのではなく、今回で決める!という意気込みでいきましょう!

②:転職回数が多い方はきちんと理由を考える

29歳までに3回以上転職を重ねている方は、その理由を明確に伝えられるように事前にしっかりと準備しておく必要があります。

なぜなら、転職回数が多いほど、採用側から、「すぐに辞めてしまう」のではないかと、大きく懸念されるからです。

どうして複数回の転職に至ったのか、前職の就業期間が短かった理由は何か、離職後はどのように過ごしていたかなど、面接官に問われた時に、スムーズに答えられるように入念な対策が必要です。

たとえ伝えにくい理由の場合でも、嘘をつくことは厳禁なので、その点は十分に注意しましょう。

③:結婚なども懸念される

特に29歳の「女性」で転職を考えている方に該当します。

採用企業は、結婚や出産などのタイミングで、退職や休職をしてしまうことを心配しています。そのため、自身の今後のライフプランについては、しっかりと説明するように心がけましょう。

もし、近いうちに結婚する予定があるならば、それを包み隠さず話したほうが、入社後、無理な仕事を振られるなどのトラブルもなくなり、安心して働くことが出来ます。

④:今の職場には迷惑をかけない

これは29歳だけでなく、転職する全ての方に言えることですが、退職の際は今の職場に迷惑をかけないように、きちんと引継ぎを行い、円満に辞職しましょう。

特に現職と並行して転職活動を行っている29歳の方は、今の仕事に影響を与えないよう、注意を払う必要があります。

どうせ辞める会社だから、多少迷惑をかけてもよいのではと思うかもしれませんが、社会人としての、モラルの問題でもあるので、恥ずかしくない行動をとってください。 

 

29歳で転職する際の理由は?

f:id:eternalcollegest:20190120142844j:plain

29歳で転職を考える方は、どのような理由で決断に至るのでしょうか。人により背景は様々ですが、以下に具体的に記載していきます。もし、転職理由で悩んでいる人がいましたら、一つの参考になれば幸いです。

①:今を逃したらもうチャレンジできないと思ったから

新卒からがむしゃらに与えられた仕事を行い、気づいたら30歳手前になっていた方が、ふと今の仕事を振り返り、「やりがい」について悩むことがあります。

新卒の時は、そもそも会社で働くということが、具体的にどのようなものか分からず、ただ就職戦線を勝ち抜くことに必死な場合が多いです。

その後、入社してからは、やりがいなど考える暇もなく会社から与えらえた仕事をひたすらこなします。

しかし、29歳となり、仕事にも慣れ、余裕が出てきたときに、本当にこの仕事が自身に向いているのか思い悩み、異業種への転職に踏み切ります。  

②:より高い年収へジョブホップしたかったから

29歳で転職を考える場合に、最も多い転職理由の一つになります。

現職で十分に成果を発揮しているにも関わらず、年収が思うようにアップしないため、ジョブホップを狙い転職活動を行います。

特に年功序列で、成果ではなく、勤続年数で給与を決定している大企業に勤める方が、きちんとアウトプットで評価してもらえる企業に転職をしたいと考えるのは、ある種の必然と言えるでしょう。

私の同期も、この理由で転職した方が何人かいます。

③:自身の専門的なスキルをより磨きたいから

私のようなエンジニアの場合、特に多い転職理由になります。より自身の専門性を高め、スキルを磨ける環境に身を置くため、転職を行います。

勤続年数が長くなると、技術的なことから離れ、コンサルやフロント側に移ることが多くなるため、実環境で自身のスキルを磨くことが難しくなります。

そのため、第一線でもっと経験を積み、構築に携わっていたいと考えている方は、29歳のタイミングで、自身のキャリアプランを見直す場合が多いです。  

 

29歳で転職する場合に利用したほうが良いサイト

f:id:eternalcollegest:20190120142949j:plain

①:ワークポート

上記でも紹介しましたが、個人的におすすめの転職エージェントになります!

コンサルタントの質が良く、実際に私も面談に行った際は、2時間以上時間をかけて、丁寧にキャリアの棚卸をしていただき、今後のキャリアビジョンについて明確に提示してもらえました。

担当者の知見も深く、特にIT企業に強いため、該当する方は、ぜひ一度面談を受けてみてください!

より詳細なワークポートの評判については、以下のエントリーに記載しているので、参考にしていただければ幸いです。

また、より詳細な情報については、以下のワークポート の公式サイトをご確認ください!

②:レバテックキャリア

レバレジーズ株式会社が提供する転職サービスです。レバテッククリエイター、レバテックフリーランスなど他サービスとも直結しており、ユーザーの要望に応じて、スムーズに引き継いでもらうことができる点が大きな魅力です。

そのため、転職だけでなく、多様な働き方を考えいている方におすすめできる転職エージェントと言えます!

実際に私が利用した経験談については、以下のエントリーにまとめているため、レバテックの評判が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

より詳細な情報や面談予約については、以下レバテックキャリア の公式サイトをご覧頂けますと幸いです!

 

29歳で未経験業界への転職を考えている方におすすめの転職サイト

①:ハタラクティブ

マッチングを重要視した転職エージェントであり、熱意の籠ったサポートを受けることが出来ます。

また第二新卒や既卒、またフリーターの方なども利用しているため、そのような背景を持つ方にとっても、適切なバックアップを得られる転職サービスです。

実際に私が利用した体験談にやハタラクティブの評判については以下の記事にまとめているため、合わせて参考にしてください!

また、ハタラクティブ の公式ページは以下になります!

 

より年収アップを目指したい29歳が利用すべき転職サイト

①:JACリクルートメント

年収アップを狙い、コンサルなどの職を目指したい方におすすめの転職エージェントになります。

高年収の求人を多くそろえており、キャリアに自信のある方であれば、好条件の転職を実現できます。

コンサルタントの能力も高く、年収交渉も行ってくれるため、29歳の転職でジョブホップを目指している方は一度は面談してみましょう! 

 

まとめ

f:id:eternalcollegest:20190120143000j:plain

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。29歳の転職について、様々な観点から詳細にまとめていきました。

30歳を目前とし、様々な悩みを抱える年齢ではありますが、キャリアプランとライフプランをしっかりと考え、納得のいく転職ができるように努力してみましょう!

 

他、就職・転職関連の記事は以下となります!