永遠の大学生になるために

アラサーリーマンの現役エンジニアが永遠の大学生気分を味わう日記。就職・転職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

27歳で転職する場合の注意点は?成功のコツも合わせて紹介!

【スポンサーリンク】

f:id:eternalcollegest:20190207204654j:plain

今回は27歳で転職を考えている方に向けて、注意点や、成功に導くためのコツを熱く語っていきます!

合わせて、27歳が利用すべきおすすめの転職サイトも記載しているので、参考にして頂ければ幸いです!

以下、目次となります。

目次

 

27歳の転職は採用企業からどのように評価される?

f:id:eternalcollegest:20190207204715j:plain

27歳は転職市場から見てどのように評価されているのでしょうか。会社により、その見解は異なりますが、それらも踏まえた上で、市場全体でどのように捉えられているのか解説していきます。 

①:ある程度キャリアを見られる年齢になる

大卒で27歳であり、浪人や留年などをしていなければ、社会人歴は5年となり、前職で様々な経験や実績を積んでることになります。

そのため、例えば、25歳で転職を考えている方よりも、前職でのキャリアを問われる場合が多いです。

どのような経験を積み、具体的にどんな結果を残して、会社に貢献したのかを採用者は注視し、その過程から、あなたの実力を掴もうとします。

もちろん、まだ若い年齢層のため、ポテンシャルも同時に見られますが、前職が専門性が強い職種で、同業界での転職を考えている場合は、事前に自身の経歴を整理し、アピールポイントを明確しておいた方が賢明でしょう。

②:第二新卒枠は基本的には対象外である

会社によりボーダーラインは異なりますが、基本的な考えとして、第二新卒は大学卒業後3年以内の方が対象となるため、27歳でその枠に入ることはまずありません。

大学院修了者の場合は、ギリギリ卒業後3年以内に入りますが、企業により解釈が異なるため、気になる方は、転職エージェントなどを通して各会社にコンタクトを取り、採用枠について質問をしてみることをおすすめします。

③:転職市場的にはボリュームゾーン

28歳で転職を考えている方や、29歳で転職を考えている方と同様、27歳は中途採用のボリュームゾーンとなる年代であり、転職市場は非常に活発に採用活動を行っています。

そのため、多くのチャンスに巡り合える稀有な年代であり、ジョブホップを狙った転職もよく行われています。

採用側から見ても、若さとキャリアを併せ持った魅力的な年代に映ります!

27歳の転職で考えなければいけない4つのこと!

f:id:eternalcollegest:20190207204745j:plain

27歳で転職を行うにあたって、ぜひ考えほしいことがいくつかあります。

本項では、その中でも特に重要なことを開設していくので、参考にして頂ければ幸いです。

①:前職での不満点を洗い出す

転職を決意するに至ったということは、前職に何か大きな不満を抱えていたということです。そのため、今回の転職を機に、その不満をすべて洗い出してみましょう。

給与について不満があったのか、有休取得などの福利厚生について納得できなかったのか、それとも、前職の業務でどうしてもやりがいを得られなかったのかなど、退職を決意するに至った理由は人それぞれであり、様々な視点が考えられます。

それらを全てノートに書き出し、整理してみてください。

その作業を行うことで、転職先の企業にあなた自身が求めることが明確になり、内定後のミスマッチが少なくなります!

手を抜かず、納得いくまで不満点を書き出してみましょう!

②:転職先の企業について何を重要視するのか考える

年収も十分で、待遇も非常によく、福利厚生も整っており、人間関係のストレスもない、全てにおいてあなたの望みを叶える理想の職場は、まずありません。

そのため、転職活動を進めるにあたり、求人について何を最優先に考えるかを、事前に決定しておく必要があります。

可能であれば、給与や、勤務時間、有休取得率、会社の規模など、個々の要素を書き出し、どれを優先するかを順位付けしておくと、転職活動をスムーズに進めることができます!

逆に、この方針が定まっていないまま、企業選びを始めても、何を基準に企業を選定して良いのか分からず、ミスマッチの可能性も高まります。

③:現職の退職タイミングについて考える

転職活動を進めていると、内定ばかりに目が行ってしまいますが、現職の退職タイミングについても、しっかりと考慮しましょう。

引継ぎが全くできていない状態で、さっさと辞めてしまい、次の会社に移っては、職場に大きな遺恨を残すことになります。

「どうせ、辞めるのだから問題ない」と考えている方もいるかもしれませんが、そのような、モラルに反し、社会人として不適切な行為は、一人のビジネスマンとして取るべきではありません。

スケジューリングをしっかりと行い、職場が納得するタイミングで退職してこそ、次の職場で気持ちよく働くことができますよ!

もちろん、無理な引き留めには応じる必要はないので、その点は注意して下さい。

④:自身の体力や健康について考える

転職は意外なほど体力や精神力を消費します。資料の作成であったり、自己分析であったり、希望した企業との面談であったりと、様々なことを要求される場面が多く、疲弊しやすいです。

特に、今の仕事を続けながら、転職活動を行っている場合は、負荷が大きく、休日もなかなか休むことができなくなります。

そのため、自分自身の体力や健康管理には、十分に配慮しましょう。

疲れた状態で転職活動を進めても、よい結果は得られません。自身の体調を第一優先に考えて、そのうえで、意欲的に転職活動を進めるようにしましょう。

 

27歳の転職を成功に導くコツ!

f:id:eternalcollegest:20190207204802j:plain

27歳の転職を成功に導くための秘訣について、本項では熱く語っていきます。転職活動で閉塞感を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください! 

①:ビジネスマナーには十分に注意する

27歳であれば、一人前の社会人であるとみられるため、ビジネスマナーには十分に配慮した行動を取るようにしましょう。

企業へ送るメールはもちろんのこと、名刺の渡し方や、挨拶、また着用するスーツについても、その場に相応しいものを選択するように心がけて下さい。

特に、面接時には身だしなみなど様々な要素に気を遣い、相手と会話する際の言葉選びも、ビジネスマンに相応しいものとなるようにしてください。

基本的なことですが、ビジネスマナーなしでは転職は成功しません!

②:文理を分けず幅広く企業を見る

f:id:eternalcollegest:20190207204946j:plain

文系の方だから、転職先が文系でなければいけないという理由はありません。また、理系の方も同様で、27歳の転職であれば、文系理系の囲いを飛び越えた、チャレンジングな転職も十分に可能です。

そのため、志望する企業については、文理の枠に捉われず、幅広くみてみましょう!

選択肢が広がる分、やや煩雑に感じる方もいるかもしれませんが、様々な企業を調べる作業を通して、自身の特性を把握することができるため、その点からもおすすめです!

多くの企業を見ることで、新しい気づきが得られるかもしれません。

③:転職サイトやコンサルタントをうまく活用して効率化を図る

無限に時間があれば、全ての企業を吟味して、自分の思い通りの転職をすることが出来ます。しかし、現実でそのような多くの時間はなく、限られた時間の中で、よりベターな選択をしなければいけません。

そのため、転職サイトや転職エージェントを上手に活用して、効率化を図りましょう!

職務経歴書や履歴書の添削であったり、あなたにマッチングした企業を選択してくれたり、さらには、企業との年収交渉まで行ってくれたりと、エージェントを活用することで、得られるメリットは計り知れません。

以下のエントリーに転職エージェントの比較をしているため、そちらも合わせて参考にして頂ければ幸いです!

④:やりがいを求め年収を軽視しないようにする

給料の高い企業から、やりがいを求めて転職をする27歳が、特に注意すべきポイントになります。

27歳であれば、今後、結婚や出産、育児など大きなライフイベントが控えており、色々な面でお金がかかってきます。

そのため、ただ業務内容だけで仕事を決めてしまうと、それらの出費を賄うことができず、困った事態に陥りかねません。

必要十分なお金は、安心して働くための大切な基盤になります。

その前提を忘れずに、きちんと年収にも目を向け、バランスの取れた企業選びをすることが、転職成功への第一歩になります。 

⑤:自身が転職先の会社に提供できる価値を明確にする

f:id:eternalcollegest:20190207205002j:plain

面接は、ただ会話をして、採用者に媚びを売る場ではなく、あなたがどのような形で、会社に貢献するのかを、具体的にプレゼンする場です。

そのため、転職で成功し、内定を獲得したいのであれば、あなた自身が、その会社にどんな価値を提供できるのかを事前に明確にしておく必要があります。

自身の強みは何なのか、弱みは何なのか、アピールできる資格や実績は何か、また前職での経験がどのように転職先で生かせるのかなどを、しっかりと整理しておきましょう。

この準備をしておけば、職務経歴書もスムーズにかけ、面接で詰まる場面も少なくなるはずです! 

⑥:今の仕事を辞めたい思いに捉われていないか

27歳で転職を考えている方は、ただ、今の仕事を辞め、職場を離れたいという思いに捉われていないでしょうか。

仕事を辞めたいとは、誰しもが一度は考えることですが、その思いが強すぎると、正確な判断が出来なくなり、拙速に転職先を選び、失敗しがちです。

そのため、一度深呼吸をして、自身がなぜ今の仕事を辞めたいと感じているのかを、真剣に振り返ってみましょう。

以下のエントリーに、仕事辞めたい方向けに様々な情報をまとめているため、そちらも合わせて参考にして頂ければ幸いです。

⑦:フリーランスなど多様な働き方も検討してみる

正社員の求人に拘っている27歳であれば、あまり興味がない内容かもしれませんが、せっかく転職を考えるのであれば、この機会に一度多様な働き方を知ることも大切です。

特にエンジニアの方で、前職の企業できちんとキャリアを積んでいる人であれば、正社員として転職するよりも、フリーランスとして働いた方が自由度が高く、年収もあがることが多いです!

フリーランスは安定性が気になる方もいるかもしれませんが、お客様のところに半常駐して働く方法もあるため、関心を持った方は、一度ギークスジョブ などのフリーランス支援サービスに登録し、説明会に顔を出してみましょう!

⑧:志望業界の動向をしっかりと把握する

企業研究にも通じますが、あなた自身が転職を希望する業界について、今後の動向をしっかりと把握しておきましょう。

たとえ、今の年収が良かったとしても、今後10年で先細りしていく業界と、年収は高くはないが、未来に大きく発展することが見込まれる業界では、後者の方が、より成長性があり、チャンスも多いです。

また、業界についての知見を深めれば、それは面接においても役立ちますし、何より自身が活躍する姿をより明確に想像することができるようになります。

業界研究については、自身でネット上から情報を集めてもよいですし、転職エージェントに相談してもよいでしょう。

新卒の就活と同様、業界研究は転職成功に、欠かせない要素の一つです!

 

27歳の転職において注意してもらいたいこと!

f:id:eternalcollegest:20190207204827j:plain

27歳で転職活動を進めるうえで、注意してもらいたい点がいくつかあります。本項では、その中でも特に気を付けてもらいたいことについて、解説していきます。 

①:残業代はしっかりと請求する

現在の職場で、残業をしているにも関わらず、それが全く給与として振り込まれていない方は、退職するにあたり、それを必ず請求するようにしましょう。

面倒だと感じる方も多いと思いますが、残業代の請求は労働者の権利です。正当な労働の対価として、お金をもらうため、臆することなくきちんと話し合いましょう。

もし、管理者側が支払いを渋るときは、労働組合に相談することをおすすめします。また、中小企業で、労働組合がない場合は、弁護士への相談も視野に入れましょう。

自身を安売りしないように、権利はしっかりと行使しましょう。

②:常に学ぶ姿勢を忘れないこと

怠けがちな27歳に注意してもらいたいことですが、常に学ぶ姿勢を忘れないようにしてください。

社会人は、業務に関連することや、資格など、多くのことについて能動的に学ぶ必要があります。それを怠ると、自身の市場価値を下げることにつながり、キャリアアップも見込めません。

特に、私のようなエンジニアの場合は、日々自己研鑽を怠らず、技術力を磨かなければ、スキルが陳腐化してしまい、他者と大きく差がついてしまいます。

日々仕事で疲れた中、何かを学習することは大きな負荷がかかりますが、そうやって積み重ねた努力は、転職を成功に導くだけでなく、必ずあなたを大きく育てるはずです!

どんなに年齢を重ねても、勉強する姿勢は忘れないようにしたいですね!

 

27歳で転職を考える理由は?

f:id:eternalcollegest:20190207204847j:plain

27歳で転職を考えるに至った理由は人により様々だと思いますが、その中でも代表的なものについて、本項に記載します!

①:より年収の高い職種へ転職したかったから

27歳になると、会社にも慣れ、今後どのように昇給し、年収はどう推移するのかも大凡分かってくる年代になります。

そのため、現在の給料に満足できない方が、より高い年収を目指して、転職活動を行うことは、間々ある理由の一つです。

特に自身のスキルに大きな自信を持っている方や、特殊な資格を取得した方などは、それを生かしてより専門性の高い職場へとジョブホップしていきます。

私の同期でも、ネットワークエンジニアの上位資格を取得した方が、この年代でそれを生かした職場に転職しました。 

②:全く別の職種にチャレンジしたくなった

会社に勤務して5年ほど経過し、刺激が少なくなった方が、新たな楽しさを求めて異業種へとチャレンジをすることは、27歳の転職においては、よくあることです。

特に、大企業勤務の場合、スピードの遅さや部署ごとの縦割りに嫌気がさしてしまい、より自分らしさを出せる企業で活躍するために、エッジの効いた会社に移る方は一定数います。

上記したように、文理を跨いだ転職も可能なため、私の知り合いには、エンジニアから、ベンチャー企業の営業に転身した方もいます。

③:公務員へと転職したかったから

27歳であれば、受験できる業種も多いため、業務の傍ら試験の勉強を並行して行い、
新卒時に諦めていた公務員に再チャレンジする方も一定数います。

実際に私の同期でも、仕事終わりに勉強を重ね、見事合格を勝ち取った方がいました。

27歳の転職理由としては珍しいですが、福利厚生の手厚さに惹かれて、20台後半からでも公務員を目指す方はいるため、本項に記載しました。

 

27歳の転職で利用するべき転職サイトは?

f:id:eternalcollegest:20190207204903j:plain

巷には多くの転職サイトがあふれていますが、27歳が転職で利用すべきサイトは一体どれになるのでしょうか。

本項では実際に私が利用したおすすめサイトを熱く語っていきます!

①:レバテック

IT業界に強い、総合型の転職エージェントになります。

LINEを用いてコンサルタントとコンタクトを取ることができるため、スピーディーな対応に、好感がもてました。

また、エージェントの業界に対しての知見も深く、エンジニアの専門用語についても理解できるため、その点でも相談しやすかったです。

さらに詳しい利用体験談や、レバテックの評判が気になる方は、以下の記事に記載しているため、そちらを参考にしてください!

また、実際にコンサルタントに相談しに行きたい方は、以下のレバテックキャリアの公式サイトを参照してみてください!

②:ハタラクティブ

既卒やフリーターなど、空白期間がある方にも対応しており、熱い支援が期待できる、転職エージェントになります。

転職者と企業のマッチングを非常に重要視しており、ヒアリングを通して、利用者のニーズをしっかりと把握し、それに合った企業を提案してくれます。

より、詳細なハタラクティブの評判を知りたい方は、以下のエントリーに詳しくまとめているため、参考にして頂ければ幸いです!

また、ハタラクティブの公式サイトは以下になります!

 

まとめ

f:id:eternalcollegest:20190207204922j:plain

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

27歳で転職を考えている方に向けて、色々な視点から、多くの情報をまとめてみました。

この中に少しでも、あなたの転職の助けになる要素があったのなら、これ以上嬉しいことはありません。

本記事については、随時追記予定となります!また、27歳の方で何か転職で思ったことがありましたら、ぜひコメント頂けますと幸いです。

あなたの転職活動がうまくいくことを、心より祈っています!

 

他、転職や就活関連の記事はこちらです!