永遠の大学生になるために

アラサーリーマンの現役エンジニアが永遠の大学生気分を味わう日記。就職・転職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

リゾートバイトの体験談を経験者が詳しく説明する!

【スポンサーリンク】

はい、ウマキです。

f:id:eternalcollegest:20170615125907j:plain

今回のエントリーでは、リゾートバイト(リゾバ)の詳細な業務内容や就業場所について体験談を交えて紹介します。また、おすすめのリゾートバイトサイトのランキングも併記します。

リゾートバイトという言葉は、バイトを考える大学生やフリーターの方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

リゾート地で楽しみながら高額なバイト代を稼げるという話を見たり、逆にブラックな噂を耳に挟んだりと、様々な情報が散見され、躊躇ってしまっている人も多いかと思います。

確かに、楽なだけのバイトではありませんが、夏休みや春休みなど長期休暇がある学生時代にしか出来ないアルバイトなので、私自身はぜひ一度は体験してもらいたいと思っています。

大変な分、楽しい思い出も沢山出来る素晴らしいバイトです!

単純に、リゾートバイトサイトの比較のみを知りたい方は、ページ下部にランキングを記載していますので、参考にして頂けると幸いです。

以下、目次となります。

 

では、いってみましょう!

リゾートバイトとは

勤務先が全国各地のリゾート地となり、住み込みにて1~3ヶ月就業します。北海道から沖縄まで、幅広い地域にてバイトが可能となり、他のアルバイトに比べ友人や、異性など出会いが多い点も特徴です。

調理補助や旅館の接客(仲居)、スキー場の施設管理など、業種は非常に幅広く、勤務時間や体系についても、就業先にて多種多様です。また、寮に泊まり込み生活するため、貯金もしやすく、留学費用や学費、自動車免許取得のために、本バイトを始める方も多いようです。

また、フリーターの方や、前職を辞め、心機一転新しい事を始めたい、自然に触れあいたいという方も、多く参加しているようでした。

就業期間としては、夏休み、春休み、年末年始、GW期間中などの長期休暇が多いですが、長期採用の場合もあり、求職者の要望に沿ったバイトを選ぶことが出来ます。

リゾートバイトの勤務体系詳細

f:id:eternalcollegest:20170615125948j:plain

本項では、リゾートバイトの勤務体系について記載します。派遣先や職種についても、合わせてまとめてありますので、参考にして下さい。

リゾートバイトの派遣先

派遣先はリゾートバイトサイトによって、多種多様ですが、今回エントリーを書くに当たり改めて【アルファリゾート】 【はたらくどっとこむ】 にて調べましたが、大きく以下に分類されています。

  • 温泉地
  • 離島、海、山、湖、河川付近
  • スキー場、高原

温泉地のリゾートバイトは全期間を通して多く採用活動を行っており、季節に左右される、海・山は夏に、スキー場は冬に多く求人を行っています。

リゾバならではの特典もあり、例えば温泉地であれば、業務後に温泉に入れたり、海、山であればアクティビティで遊ぶことも出来ます。もちろん業務が最優先になりますが、レクリエーションが充実している派遣先もある為、詳細は派遣元の担当者によくヒアリングしましょう。

私は温泉地でバイトしていましたが、温泉入浴可の派遣先を選択していたため、 業務終了後、入浴することが出来ました。

リゾートバイトの職種

リゾートバイトの職種は派遣先により、多岐に渡ります。以下、一例を記載します。

  • 仲居、フロント業務
  • レストラン(調理・配膳)
  • スキー場業務、農牧作業
  • レジャー関連、施設スタッフ、アクティビティ
  • マリンスタッフ

仲居やレストラン関係の求人は多めで、スキー場やレジャー関連スタッフ、マリンスタッフについては、季節により大きく変動があります。各業務内容について、以下簡単にまとめましたので、参考にして下さい。

仲居

お客様が快適に館内で過ごせるようにサポートする事が主な業務です。旅館の顔となる存在なので、細かなマナーや礼儀作法を問われます。

出迎えや見送り・料理の配膳・後片づけ等が主な職務となり、基本的に作務衣や着物を着用します。未経験者の方にとっては、着付けを覚える機会となる点が魅力です。お客様と接する機会が多く、接客が好きな方に向いている業種と言えるでしょう。

レストラン業務

旅館、ホテルなどの宿泊施設にあるレストラン等で、接客、料理の配膳、清掃などが、主な業務です。調理補助の場合は、食材の準備や仕込み、盛り付け、食器出し、洗い場などを担当します。

未経験の方も勤務可能ですが、調理の実務経験がある場合は、別途高待遇で就業出来る場合があるようです。もし調理師免許などを持っている方であれば、詳細について、派遣元の担当者に相談してみましょう。

レジャー関連

テーマパークや遊園地などで、接客やお客様の誘導などが主な業務となります。また勤務先によっては、アトラクションショーの司会なども用意されています。その他、乗馬施設やカヌー場、 熱気球体験、キャンプ場など、季節により様々な施設の求人があり、バイトと一緒にアクティビティを楽しみたい方にとっては、おすすめの派遣先です。

キャンプ場設営の場合、草刈りやバーベキューの準備、片づけなどが主な職務になります。基本的に外で動き回る業務のため、体力に自信がある方の方が良いでしょう。

スキー場

冬の代名詞とも言える、リゾートバイトです。販売やスキー用具レンタル、レストランや売店など、スキー場を運営する上で必須となる施設で業務を行います。本バイトについては、無料のリフト券がほとんどの勤務先で提供されるため、休日は滑り放題という、スキー好きには大変嬉しい特典がついています。

マリンスタッフ

サーフィンやシュノーケリングなどのマリンスポーツのお客様対応、及び海の家などの受付や販売スタッフが主な業務となります。こちらは、夏の代名詞とも言えるリゾバです!

常に屋外で体を動かす業務なので、熱中症には十分に気を付けましょう。海が大好きな人にとっては、潮風を満喫しながら楽しめるリゾートバイトです。

 

勤務期間について

勤務期間については、短期(1ヶ月未満)から長期(3ヶ月未満、6ヶ月以上)など、業種により、多く種類が設けられています。

一番求人が多い期間は3ヶ月未満の就業期間であり、1ヶ月未満や6ヶ月以上はそこまで多くはありません。もし微妙な期間の就業を希望している方は、一度派遣元の担当者に相談してみましょう。

 

寮費・光熱費などの諸費用

リゾートバイトを行う上で心配事とされる、寮費や光熱費など生活費について、以下詳細に説明します。また、往復交通費についてはそれぞれの派遣元にて扱いが微妙に異なる為、注意しましょう。

寮費・食費・水道代・光熱費

基本的に、ほとんどのバイト先で寮費や食費、光熱費などは無料になります。実際に私が勤務した時も無料にて利用する事が出来ました。

しかし、バイト先で仲良くなった人と飲みにいったりする時にかかる遊興費については、自腹の為、貯金を考えている人は、遊び過ぎには注意しましょう。また、全て無料だからと手ぶら勤務先に行って良いわけではなく、洗濯用品など、持参した方が便利な物もあります。

往復交通費の扱い

派遣先への往復交通費についてですが、派遣元により規定が異なり、全額支給してくれるところから、一部支給するところまで様々です。

下記で紹介している【アルファリゾート】 ならば、基本的に、無料となっていますが、移動距離や勤務期間により上限が設定されている場合もある為、詳細は担当者に確認してみましょう。

寮の種類

f:id:eternalcollegest:20170615141027j:plain

リゾートバイトを始めるにあたって、一番気になる点ではないでしょうか。大きく分けて4種類の寮のタイプがあり、派遣先により異なります。日頃の仕事の疲れを癒し、明日に備えるためにも、非常に重要な要素の一つなので、あまり軽視しないようにしましょう。

完全個室

洗濯機、バス、トイレ、キッチンなど、生活用品が揃っているワンルームタイプの個室の寮となります。場所によってはネット環境を整備している寮もあり、無料でインターネットを使用できます。

私がリゾートバイトをした時は、仲間と楽しく過ごしたいという思いがありましたが、プライベートはしっかり守りたいと思っていたので、本タイプの寮を提供している勤務先を希望しました。 

バスはユニットバスでしたが、部屋もそこまで不潔ではなく、寝泊りする場所としては、十分に満足出来ました。

個室(一部共用)

個室が用意されていますが、冷蔵庫や洗濯機、バス、トイレなど一部が共用となるタイプです。 

完全個室の勤務先よりも、本タイプの寮を用意している勤務先が多い為、共用でも気にならない方は、このタイプを選んだ方が、選択の幅が広がります。

相部屋

2~5人で利用する相部屋タイプの寮です。冷蔵庫や洗濯機などの生活用品も共用となります。新しいバイト仲間とわいわい過ごせるという、リゾートバイトの醍醐味が味わえます。

もちろん、様々な方がバイトに来ている為、自身と合わない人がいる場合があるなど、ある程度覚悟が必要ですが、友達と一緒に応募した場合などは、本タイプの寮でも楽しく過ごすことが出来るでしょう。

ホテルの客室利用

記載通り、ホテルの空いている客室を利用し、宿泊します。客室の為設備が清潔で整っており、ホテルに滞在するため、通勤時間がない点が魅力です。

上記タイプの場合は、ホテルの大浴場などを使用出来る場合も多い為、就労者にとっては、日頃の疲れを癒せる良い機会になるでしょう。

 

リゾートバイトのメリット

f:id:eternalcollegest:20170615132659j:plain

以下、リゾートバイトのメリットについて記載します。他のバイトと異なり、様々なメリットがあるバイトです。

高時給

リゾートバイトの相場は、時給1,000~1,100円と比較的高めです。経験者であれば、より高時給を望める為、他バイトよりも稼ぎやすいと言えるでしょう。

※但し、地域によっては時給単価が異なり、地方の場合、リゾートバイトであっても、安価な時給設定にしている勤務先もある為、貯金を第一に考えている方は注意して下さい。

勤務時間も長いため、私は1ヶ月で20万円ほど貯蓄する事が出来ました。(2ヶ月ならば40万円です。)

貯金がしやすい

上述しましたが、基本的に生活を送る分については、無料にて過ごす事が出来ます。その為、出費が少なく、普通に勤務しているだけで、簡単にお金を貯める事が可能です。

休日については、基本的に食事は出ない為、その分の負担は考慮しておきましょう。 

また、サイトを通して応募する事で、労災保険にも加入する事が出来、もし万が一何か派遣先で事故が起こった場合も、しっかりと対応してもらえます。

未知の体験が出来る

やはり、この事項がリゾートバイトの一番大きな魅力でしょう。自身の知らない、遠方にて、勤務を通して様々な事を体験する事が出来ます。

きれいな空気であったり、温泉の匂いであったり、美しい雪山であったりと勤務先により様々です。また、外国人観光客が多いスポットでは、異文化交流を体験する事も出来ます。

もちろん、あなたは客として出向くわけではないので、業務は中々大変ですが、仕事終わりに入浴した温泉から見た夜空を、私は今でも覚えています。

見る事、感じる事全てが新鮮に感じる稀有なバイトです。

仲間が出来る

社員の方や、同様にリゾートバイトとして働きに来ている方と、友達になる事が出来ます。距離が近い為、短期間で仲良くなることが出来、飲み会などで、楽しい思い出が作れるかも知れません。

また、休日は自由に遊ぶことが出来る為、私の場合、仲の良い友達が出来、一緒に散策しました。遠方の為、バイト後は中々会う事は難しいですが、きっと素敵な出会いがあなたを待っているはずです。地方の友達を作る機会があることは、本バイトの大きなメリットと言えるでしょう。

 

リゾートバイトのデメリット

f:id:eternalcollegest:20170615135925j:plain

もちろん、メリットだけでなく、デメリットも存在します。本項では、私がリゾートバイトを通して感じたデメリットや、他リゾートバイト経験者の友人が感じた、デメリットについて記載します。

中抜けなど特殊な勤務体系 

リゾートバイトの種類によりますが、私の場合中抜けの勤務に慣れるまで時間がかかりました。午前6:30には起床し、朝食準備や配膳を行います。朝の業務が終わった後は、一旦休憩となり、その後、部屋の点検や夕食準備等を済ませ、午後9:30過ぎに勤務終了となります。

朝が早く、途中休憩を挟みますが、夜遅くまで勤務がある為、生活リズムが整うまでは、かなり大変でした。勤務体系については、派遣先により大きく異なり、中抜けを挟まない通常勤務や夜間帯勤務もある為、詳細は派遣元に質問してみましょう。

慣れるまでは大変 

リゾートバイトに限らず、どのようなアルバイトでも同様ですが、慣れるまでは業務を新鮮に感じると同時に、大変でした。

私の勤務先は、運よく回りの方がとても良い人ばかりでしたが、慣れない内は、迷惑をかけまいと、メモ片手に必死に業務にあたっていました。

段々と業務に慣れ、生活リズムも整ってきたところで期間満了となってしまったため、その点はやや残念ですが、短期バイトの為、仕方のない部分と言えます。

フリーターの方で、もっと長期で働きたいと考えている方は、是非派遣元や就業先に尋ねてみましょう。対応しているところもある為、相談次第で、長期勤務も可能になります。

場所によってはブラック

勤務先によっては、寮が不潔であったり、過酷な労働を強いられたりと、ブラックである場合があります。

きちんと派遣先に要望を伝え、妥協せずに選べば上記のような職場に当たる可能性はまずないですが、適当に選び、辛い思いをした友人をしっている為、デメリットに入れました。

勤務先選択の際は、受動的にならずに、きちんと自分自身の要望を伝えましょう。また、派遣されたスタッフが期間を満了しているかなどは、必ず担当者に確認しましょう。

労働時間の相違(残業)

就労先によっては、中抜けの勤務体系で、12:00からは休憩のはずなのに、勤務を続けなければならないなど、残業が発生する場合もあります。

繁忙期などは、ある程度仕方ないかも知れませんが、あまりに酷い場合は、派遣元の担当者に連絡しましょう。私個人の意見としては、雇用主の労働契約に関する意識があまりに低い場合は、その旨を派遣先の担当者に伝え、改善されない場合は、途中帰宅も止むを得ないと思います。

 

リゾートバイト開始までの流れ

f:id:eternalcollegest:20170615140805j:plain

以下、リゾートバイトを開始するまでの、大まかな流れについて記載します。 リゾートバイトサイトにより、若干異なりますが、基本的な流れは同様です。

仮登録 

【アルファリゾート】 【はたらくどっとこむ】 のリゾートバイトサイトに登録し、応募フォームに記載し、送信する事で仮登録を行います。また、サイト上で、募集している仕事の検索もできる為、まずは一度案件を覗いてみて、興味があるものがあるか、確認しておきましょう。

本登録(面接)

履歴書提出後、電話や面接にて、リゾートバイトの業務内容や就業規定に関する説明を受けます。基本的に真摯に受け答えしていれば、登録を拒否されることは、まず無いはずです。

事前にリゾートバイトで不安な点や、疑問点、業務を行う上で譲れない点をまとめて置き、しっかりと希望を伝えることをおすすめします。

本面接にて、担当者から様々な案件を紹介され、あなた自身が気になった勤務先をピックアップしていきます。

採用・勤務開始

あなたの希望に沿った勤務地を担当者が探し、連絡します。 あなたの条件にマッチしていて、あなたが働きたいと思った職場の場合は了承しましょう。

現地への到着日時、勤務日数、交通手段や、持参すべきものなど、諸事項について担当者から説明を受けた後、当日に移動し、就業開始となります。場合によっては、他の赴任者の方と一緒に移動したり、コーディネーターの方と同行する場合もあります。

また、就業中不安な事や、困ったことがあった場合、自分で悩むよりも、まずは派遣先に連絡し、相談してみましょう。

勤務終了

期間が満了した場合、勤務終了となります。お世話になった方に挨拶し、帰路につきます。また、就業先からの申し出があり、勤務者が了承した場合など、契約延長の処置などが取られる場合もあります。

今までお世話になった分、お礼はきちんとした方が、印象が良くなり、今後の案件も紹介されやすくなります。

 

リゾートバイト参加時の注意点

本項では、リゾートバイト参加時の注意点について記載します。私が感じた勤務時の注意点から、応募の際の注意点まで記載するので、参考にしてみて下さい。

高校生不可(18歳以上から)

基本的に高校生の方は、リゾートバイトには応募出来ないようです。18歳以上の方のみとなりますので、その点は注意して下さい。高校生の方は、是非18歳以上になったら、サイトに登録して、バイトを始めてみましょう! 

海外留学生の方は要確認

海外留学生の方については、資格外活動許可書の労働時間の範囲であれば、勤務地の紹介が可能なようです。しかし、1日の労働時間が8時間未満の場合、紹介可能な勤務地が極端に少なくなるようなので、一度担当者に相談してみましょう。

人間関係を大事にする

他バイトよりも、人間関係は大事だと思います。慣れない環境下で、人間関係に気を配る余裕も中々難しいとは思いますが、きちんと挨拶する、お礼を言うだけでも、印象は随分変わります。

人間関係が不和になってしまうと、たとえどんなに魅力的なバイト環境でも、途端に苦痛になってしまうため、十分に気を付けましょう。

私の職場の場合は、意外なほど年配の方が多かった為、きちんとしていれば、嫌な思いをする事は、ほとんどありませんでした。

1人で考え込まない

もし、体調不良や、どうしても職場環境に馴染む事が出来なかった場合は、一人で考え込まず、まずは派遣元の担当者に連絡しましょう。親身になって対応してくれるはずです。

運悪くブラックな環境に当たり、ボイコットする方がいるようですが、無断で去る事と、担当者に相談し、断りを入れ辞職するのでは、印象も随分違います。慣れない環境下で、バイト初期はストレスを感じがちですが、決して1人で抱え込まないように、注意して下さい。

 

リゾートバイトの持ち物一覧

f:id:eternalcollegest:20170615130900j:plain

リゾートバイトを行う際に、泊まり込み先の寮に持参したら便利なものを記載します。実際に勤務を始める際は、派遣元の担当者の方から、必要用具について、ある程度連絡があるはずですが、参考にして頂ければ幸いです。

また、基本的に荷物は事前に寮に送付出来る為、荷物が多すぎて困っている方は、担当に相談してみましょう。

生活用品・寝具・服

生活用品や寝具、着替えとして、最低限以下の持ち物は持参しましょう。

  • 寝具、部屋着、外出用の服(3~4日分)、スリッパ
  • バスタオル、フェイスタオル、ドライヤー(必要枚数)
  • 洗面用具、お風呂用品(女性の場合はメイク用品も)
  • ハンガー、物干しロープ、洗濯ばさみ

特に、ハンガー、物干しロープは私の場合、意外と重宝したので、是非持参することをおすすめします。部屋着、外出用の服については、荷物の量を考慮し、持っていく枚数を決めましょう。また、ドライヤーについては、用意していない寮もある為、念のため持参しましょう。

日用品・保険証等

通常の生活で使う品となります。以下の持ち物については、持っていくことをおすすめします。

  • 充電器、スマートフォンなど電子機器
  • 日焼け止め、爪切り、折り畳み傘など身の回りの用品
  • メモ帳、筆記用具、雑巾
  • 保険証、免許証、現金、印鑑

特に、充電器は忘れると非常に厳しい為、必ず出発前に用意出来ているか確認しましょう。また、爪切りなどは忘れがちですが、必要になる為、持参する事をおすすめします。

雑巾は、綺麗好きの方には必須です。寮の掃除の際に使ってみましょう。

急病などの緊急事態に備えて、保険証や身分証明書(運転免許書)、印鑑なども持っていきましょう。 出来れば貴重品袋などに入れて、失くさない様に管理する事を推奨します。

レジャーグッズ・暇つぶしグッズ

せっかくのリゾートバイトなので、レジャー関連施設の場合は、忘れずにレジャー用品を持っていきましょう。また暇つぶし用のグッズも持っていくと、空き時間を潰せます。

  • 水着・ビーチサンダルなど(海や河川周辺の場合)
  • スキー用品(スキー場の場合)
  • トランプ、UNOなど娯楽用品
  • 小説・携帯ゲーム機 

特にトランプなどは、仲間と一緒に遊ぶ時に非常に有用だったので、是非持っていくことをおすすめします。他、施設により必要なレジャー用品は異なる為、忘れ物のないようにしましょう。 

 

リゾートバイトサイトの比較・ランキング

f:id:eternalcollegest:20170615140508j:plain

本項では、リゾートバイトに就業するために登録する、リゾートバイトサイトの比較を記載します。 

リゾートバイトがブラックであると言ってる方は、大抵自身の意思をきちんと派遣元の担当者に伝えられていない事が原因だと思います。

大学生の場合は、夏休みや春休みという、人生に数度しかない貴重な長期休暇の機会をアルバイトに充てる為、後悔のないように、受け身にならず、担当者と入念に話し合いを行いましょう。

可能であれば、複数サイトに登録し、比較・検討した方が、より良い条件の勤務地を見つけやすいですが、時間がない方は、大手サイトであり、求人も多い、1位の【アルファリゾート】 のみに登録し、案件を精査するだけでも問題無いと思います。 

良い求人は倍率も高いため、チャンスを逃さないようにしましょう!コツとしては、繁忙期(夏休み・冬休みなど)の少し前を狙い、求人情報をチェックすると、好条件の勤務地を見つけやすいです。

1位.アルファリゾート

リゾートバイト求人サイトの大手である、【アルファリゾート】 です。

担当者の対応も非常に丁寧で、紹介している求人も多く、体験談紹介やQ&Aなども充実しています。多種多様のリゾートバイトの体験談を一度読んでみたいという方は、まず本サイトでざっと体験談を通読すると、自身が働くイメージがつかめるはずです。

また、寮個室、高時給、生活環境重視、語学力が生かせるなど『こだわり条件』から、求人を検索できる点も大きな魅力となります。

一定期間(延べ一年間)以上就業した方向けに、EXETIME(エグゼタイム)という福利厚生サービスを提供しており、ヘリコプタークルージングや船上クルージングなどを楽しむことが出来るなど、就労者に寄り添ったサービスも提供しています。

 

2位.はたらくどっどこむ

アプリ社が提供する、リゾバサイトです。チャットで気軽に相談できるなど、リゾートバイト初心者に優しい作りのサイトになっています。

私は上記の【アルファリゾート】 と本サイトを並行して勤務地を探していましたが、どちらの担当者も対応は真摯であり、好印象でした。

上記サイト同様、こだわり条件の検索もできる為、時間がある方は2サイトを見比べてみて、自身の興味ある就労先を検索してみましょう。

 

3位.リゾートバイト.com

 グッドマンサービス社が提供する、リゾートバイトサイトです。かなり詳細な『こだわり検索』が出来る点が好印象で、社員紹介を丁寧に行っており、派遣元の担当者のイメージが付きやすいのが特徴です。

【アルファリゾート】 【はたらくどっとこむ】 で目を引く求人を見つけられなかった場合は、こちらで探してみることが得策でしょう。担当者の対応も及第点で、少なくとも嫌な案件を無理に薦められることはありませんでした。

また友達紹介の制度も導入しており、自身の知人にリゾートバイトを紹介した場合、キャッシュバックを貰えるため、もし友人が多い方は、試してみましょう。

 

まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました!

本エントリーを書くために、バイト経験を思い出しながら、最新情報を盛り込むため、様々なサイトを調べ、まとめてみました。

まだ書ききれていない部分も多い為、本エントリーについては気が向いた時に追記する予定です。

正直、良い派遣先に行けるかどうかは、運次第な部分もある為、勤務先によって、本バイトの印象は大きく変わってきます。

例え業務が辛かったとしても、良い仲間に巡り合うことが出来れば苦痛ではないですし、逆に人間関係が悪いと、業務負担が少なくとも苦痛に感じます。

長期間のバイトになる為、なるべく自分に合った条件の場所を、じっくり選んでみる事をおすすめします!

 

あなたの最高のリゾートバイト体験を祈って。

参考サイト 

本記事を書くにあたり、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

アルファリゾート

はたらくどっとこむ

リゾートバイト.com

 

他、アルバイト関連記事はこちら!

 

他、副業関連記事はこちら!

 

他、大学生活関連記事はこちら!

 

ウマキ