永遠の大学生になるために

アラサーリーマンの現役エンジニアが永遠の大学生気分を味わう日記。就職・転職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

レバテックの評判について!現役エンジニアが体験談を語る!

【スポンサーリンク】

はい、ウマキです。

f:id:eternalcollegest:20170627015006j:plain

今回は現役エンジニアである私が、レバテックキャリアや、レバテックフリーランスを使い転職活動をした際の体験談を詳細に記載します。レバテックの口コミや評判を知りたい方は、是非読んでみて下さい。 

【2017/10/24 追記】

エンジニアの方で転職やキャリアアップ、スキル棚卸を考えている方の参考になれば幸いです。以下、目次となります。

 

では、いってみましょう!

レバテックとは

f:id:eternalcollegest:20170627021408p:plain

レバレジーズ株式会社が提供する転職・フリーランス支援サービスの総称です。

IT・Web業界に特化した転職サイトであり、エンジニアやクリエイター向けの求人を公開、非公開問わず多く用意しているサイトです。

レバテックフリーランス、レバテックキャリア、レバテッククリエイター、レバテックビギナーの4サイトから成り立ち、スクールであるレバテックビギナーを除き、それぞれ職種に特化したエージェントが豊富な案件を紹介してくれます。

以下、それぞれのサイトの概要について記載します。

レバテックフリーランスの概要

レバテックフリーランス は、フリーランスのエンジニア・デザイナー向けの案件紹介サイトです。テクニカルカウンセラーによる詳細なヒアリングや、スキルシートの添削、レビューなどを行い、案件参画前の不安やミスマッチを解消してくれます。

また、案件参画中はフォロワーによるサポートなど、案件開始から終了に至るまで、エンジニアを手厚くサポートしてくれる点が特徴です。

非公開、公開問わず多くの案件が用意されており、サポート体制の拡充から、多くのフリーランスエンジニアが利用しています。

レバテックキャリアの概要

レバテックキャリア は、エンジニアとクリエイター専門の転職エージェントとなります。技術的な話を理解できるキャリアアドバイザーと、企業の架け橋となるリクルーティングアドバイザーで、転職者を支えます。また、年収などの条件交渉についても、求職者の代わりに代理で相手企業と実施します。

アドバイザーが直接、企業訪問を行い、最新情報を把握し、現場のニーズや今後の需要を常に正確に調査しており、対象企業が求める転職者の人物像を正確に把握している為、本エージェントを利用する事により、採用後のミスマッチを防ぎます。

職務経歴書の添削や、単純なキャリアパスの相談も受け付けているため、現在の職場環境に不満や悩みを抱えているエンジニアは一度相談することをおすすめします。

本サイトについては、今回のエントリーにて詳細な内容を記載していますので、参考にしてみて下さい。

レバテッククリエイターの概要

クリエイター専門の転職サイトです。職種も様々で、フリーランスから、派遣、転職まで多種多様の雇用形態をカバーしています。フリーランスとして働きたい方の無料での個別相談会も実施しており、スキルアップや案件相談なども随時実施しています。

転職を考えておる方も、フリーランスとして、新たな道を歩もうとしている方も、クリエイターであれば登録しておいて、損の無いサイトです。

公式サイトには、利用者のインタビューも掲載されている為、興味のある方は、一度覗いてみましょう。自身のキャリアを見直す契機になるかも知れません。 

レバテックビギナーの概要

上述したエンジニアやクリエイター向けの転職支援サービスとは異なり、エンジニア志望の方向けの技術習得支援サービスです。専門知識を持ったカウンセラーが対象者に合った、プログラミングスクールを紹介し、卒業生については、就職先まで、しっかりとサポートを行ってくれます。

現在の職場に不安があり、エンジニアとして、新たなキャリアを歩みだしたい方は、まずは一度カウンセリングを行い、自身の立ち位置と今後の可能性を明確化してみましょう。

また、レバテックビギナーとは別に、ヒカラボ(ヒカリエ・ラボラトリー)と呼ばれる、渋谷ヒカリエで無料で行われる勉強会もあり、有名企業が登壇する際は多くの人で賑わっています。

レバテック利用の流れ

f:id:eternalcollegest:20170627015259j:plain

本項ではレバテックキャリア の詳細な利用の流れについて記載します。

今回、私は自身の転職を強く希望するわけではなく、適正年収の確認と、スキルの棚卸、市場評価の確認のために利用しました。このように、転職エージェントは、転職だけではなく、自身のキャリアを見直す事にも活用できます。

公式サイトから会員登録 

以下、公式サイトより、必要事項を入力し、登録を行います。

任意で希望の転職時期及び、勤務希望地を記載し、次にプロフィールの入力を行います。また、スキルシートを持っている方は、それを添付する画面に遷移しますので、ドラッグアンドドロップにて貼り付けましょう。

クリエイターの方であれば、ポートフォリオのURLを登録出来ますので、自身のスキルを提示出来るポートフォリオがあれば、提出する事をおすすめします。

会員登録自体は、30秒もあれば終わる簡単なものです。

担当者よりメール、電話の受領、面談日確定

会員登録完了後、レバテックキャリアのエントリー担当者からメールまたは電話が届きます。

そのメールに返信する形で、履歴書と職務経歴書を提出し、希望年収や、希望勤務地などの質問に回答します。履歴書や職務経歴書については、メールにフォーマットが添付されている為、初めて書く方は、それを参考に書いてみましょう。

もし、記載が面倒な場合は、フリーダイヤルで担当者から連絡がある為、その質疑応答により回答しても問題ないです。また、担当者からの入電にて、面談日程を確定します。自身の希望の日付を指定し、エージェントとの顔合わせの日を確定しましょう。

時間枠については、1時間単位で取っているようですが、10:00開始~18:00開始迄が、エージェントが対応可能な時間帯で、土日祝日の面談対応は行っていない為、予約の際は十分注意して下さい。

また、求職者によっては、面談前に1時間ほど電話面談を先行して行います。私の場合も先に電話面談を実施した後、対面面談を行いました。

レバテックにて面談実施・求人紹介

f:id:eternalcollegest:20170627015435j:plain

面談当日、レバテック本社に赴きます。ミーティングルームは非常に綺麗で、開放感溢れる空間でした。私は渋谷ヒカリエの本社にて面談を受けましたが、入り口でペッパーが出迎えてくれました。

案内に従い、席へ通され、担当者が来るまで、配布されたアンケートに回答します。

担当エージェントと名刺交換した後、私の来歴や転職理由を聞かれ、その後求人紹介という流れになりました。

私はエンジニアの為、自身の技術力を磨いてくれ、かつ年収も現在より高い企業を志望していましたが、それに見合った企業を何社も紹介して頂きました。それぞれの企業について詳細な説明を受けた後、実際に興味のある企業であれば、この場で選考に申し込む事も可能でした。

求人応募・エージェントによる面接対策

履歴書や、職務経歴書の添削を受け、応募企業の選定を実施します。書類選考通過後は、担当者から、応募企業の面接傾向について、情報共有して頂くことが出来ます。

面接対策については、いつもやり取りしている担当者では無く、その企業に特化した企業担当から指導が入ります。

エージェントの連絡手段としては、メール・電話の他にLINEにも対応しており、素早いレスポンスを受けられる点が好印象でした。

応募状況の進捗管理については、エクセルかGoogleスプレッドシートを用いて行います。 

 

レバテックの転職エージェント利用のメリット

f:id:eternalcollegest:20170627020027j:plain

本項では、転職エージェントとして、レバテックを利用した際のメリットについて詳細に記載します。

IT業界特化型のため、ノウハウが豊富

IT業界特化型エージェントの為、その分野に関しては総合型のエージェントより、ノウハウが豊富です。他IT・WEB業界特化型エージェントである『ギークリー』、『ワークポート』と比較した場合、大きな違いはありませんが、エージェントの知識量はかなり多い印象でした。

4,000件以上の取引実績を持ち、年間3,000回以上現場訪問を行っており、各企業における、開発状況や最新情報をキャッチアップしています。

ヒカラボなどのエンジニア向け無料勉強会 

レバテック利用の大きなメリットの一つとして、ヒカラボ(ヒカリエ・ラボラトリー)と呼ばれる、エンジニア・クリエイター向けの無料勉強会が挙げられます。

サイバーエージェント社や、ランサーズ社、DMM社など、様々な企業が登壇し、最新の情報を発信している為、エンジニアの方であれば、本ラボラトリーを利用するだけでも価値があると思います。

LINEを使った迅速なレスポンス・手厚いフォロー

上述した様に、担当者とのやり取りはメール・電話の他にSNSサービスであるLINEを使うことが出来ます。その為、非常にレスポンス良く話しを進める事が可能でした。

驚いた点は、平日であれば、深夜であろうと返信があった点です。担当エージェントにも依りますが、非常に泥臭く、親身になって対応してくれる点は、好感がもてました。

また、内定後のフォローも他社同様しっかりしており、転職者は担当者との密な連絡の元、安心して入社を迎えられる点を評価しました。

一番良いと思った点は、仕事を絡めず、担当者が飲みに誘ってくれた点です。私の場合、プライベートの他愛無い話をすることで、よりエージェントへの信頼感が強まりました。

正社員だけではなく、フリーランス支援も行っている

本項目は、レバテック利用の大きな利点の一つです。上述した様に、フリーランスの案件支援のレバテックフリーランス もある為、転職かフリーランスかで迷っている方は、両方の視点から今後のキャリアを見る事が出来ます。

転職、フリーランスをワンストップで支援出来る体制は、他転職エージェントには無い為、レバテック独自の利点と言えます。

しつこい電話対応がない

レバテックの利用のメリットとして、個人的に一番気に入っている点は、しつこい電話が無かった事です。他転職エージェントの場合、こちらが要求していないにも関わらず、再三電話をかけてくるコンサルタントがいましたが、レバテックはそのような事はありませんでした。

そのことについて一度担当コンサルタントに質問したところ、きちんと転職者の要望を汲み取り、不必要な電話はしない様に心掛けているとのことでした。

営利主義のエージェントの場合、とにかく転職させようと躍起になっていますが、その点では、レバテックは転職者側の立場に立って対応してくれるエージェントと言えます。

 

レバテックの転職エージェント利用のデメリット

f:id:eternalcollegest:20170627020039j:plain

本項では、レバテックキャリア の転職エージェントを利用した際に感じたデメリットについて記載します。

正社員転職支援エージェントの経験がやや浅い

フリーランス支援は10年以上のキャリアを持っていますが、正社員転職支援(レバテックキャリア)については5年ほどのキャリアしか無く、まだ歴史が浅いです。

その為、特にSIer関連について、やや知識が薄い印象を受けました。 その点についてはレバテックの担当者自身も把握しており、今後少しずつリレーションを増やし、ノウハウを蓄積していく予定のようです。

マイページなどのインフラ面が未整備

他エージェントであれば、企業独自のマイページにて、応募状況の管理をすることが出来ます。しかし、レバテックキャリアについては、まだインフラ面が未整備で、Googleスプレッドシートなど使い、進捗状況を担当者と共有します。

マイページが無い為、きちんと自身の転職活動状況を把握出来ない点は、大きなデメリットに感じました。

 

レバテック担当者の対応力・技術力

本項では、レバテックキャリア を利用した際の、担当エージェントの対応について、詳細に記載します。 担当者の質は、転職エージェントを利用する際、非常に重要な事項の一つなので、是非読んでみて下さい。

熱意ある対応、早いレスポンス

他エージェントと比較しても、熱意ある対応を受けることが出来ました。特にレスポンスについては非常に早く、担当者が仕事のし過ぎではないかと、心配してしまうほどでした。

熱意と言っても、求人先の押し売りではなく、こちらの意見をしっかりと汲み取ってくれる姿勢は好印象でした。 しかし、ややフランクになり過ぎな面もあったため、軽い雰囲気が好きでは無い方は、あまり向いていないかも知れません。

人事だけでなく、CTOとも繋がりがある 

エージェントについて、単純に採用企業の人事のみと繋がりがあるわけではなく、CTO(最高技術責任者)とも繋がりがある場合があります。その為、応募企業の人事的な内容だけではなく、現場の技術的な背景まで把握しているなど、いくつかの企業については、非常に深い知見を有していました。 

また、面接対策の際には、企業担当の方から直接指導が入る為、より具体的で的確な面接対策を立てる事が出来ました。

 

レバテックの紹介求人の質

以下、私が実際にレバテックキャリアから紹介を受けた求人について説明します。求人の種類や年収について気になっている方は、参考にしてみて下さい。

WEB・ゲーム業界に強い

特化型の求人の為、やはりIT業界の求人量は多く、特にWEB・ゲーム業界については、大企業からベンチャー企業まで、多くの求人を有していました。

私が紹介を受けた大企業は、社員数5,000人を超えており、誰もが聞いたことのある企業が多数ありました。

正社員求人が多い・年収も良い

紹介頂いた求人については、全て正社員求人でした。契約社員なども取り扱っているようですが、基本的には正社員を主体に応募する事になります。

年収については、私の場合、700万円程度の求人先を紹介され、一番高い企業では1,500万円ほどでした。勿論、そのような企業は、スキル面で高いハードルを課されますが、年収の選択肢の幅は多い点は好印象でした。

また、技術力を磨くという点で、提案から構築まで関われ、スキルアップ研修を頻繁に行っている企業の求人など、キャリアパスを考える上でも良い求人の紹介もありました。 

SIerやメーカーなどがやや弱い

ゲーム業界・WEB業界については強いですが、大手SIerや大手メーカーについては、やや弱い印象を受けました。上記について、他エージェントからは紹介を受けたのに、レバテックからは紹介が無かった求人が何件かありました。 

担当者に尋ねたところ、やはりレバテックキャリア自体の実績がまだ浅い為、その業界については、不得手であるという回答を頂きました。

今後、その方面についても強化していく予定の様ですが、現状メーカー系のSIerに転職を志望している方は、ギークリーなど他転職エージェントを利用した方が、マッチングの可能性が高いです。

まとめ

f:id:eternalcollegest:20170627015401j:plain

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。転職を考えている方について、レバテックの事が、少しでも伝われば幸いです。

もし、何か疑問がございましたら、是非コメントにて質問下さい。聞けるものは、担当エージェントに質問し、本エントリーに追記します。

インフラ面が整っていない、メーカー系SIerに弱いなど、ややマイナスな印象もありますが、その分、エージェント一人一人の熱意で補っている転職エージェントです。

IT業界へ転職を考えている方は勿論、キャリアの相談をしたい方も、是非一度エージェントと面談してみる事をおすすめします。

詳細については、以下の公式サイトより、ご確認下さい!

他エンジニア向け転職エージェントの評判を知りたい方は、以下記事を参考にしてみて下さい。

 

他、就職・転職活動関連エントリーはこちら!