読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の大学生になるために

アラサーリーマンが永遠の大学生気分を味わう日記。就職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

塾講師のバイトの詳細と経験談を熱く語る!

【スポンサーリンク】

はい、ウマキです。

f:id:eternalcollegest:20170328145133j:plain

今回のエントリーでは、塾講師のバイトの詳細と、アルバイトを始めるにあたり、塾を選ぶ際の注意点について詳しく記載します。

私は大学・大学院時代と他のバイトと掛け持ちしつつ6年間塾講師のバイトをしていたので、その経験を踏まえて詳細に説明します!

よく、塾のバイトは時間外労働が多くブラックであると言われますが、それはある一定の塾のみで、少なくとも私が勤務していた塾は時間外労働は一切ありませんでした。

プレゼン能力、コミュニケーション能力の両方を鍛えられ、就職活動にも有利な本当におすすめなバイトなので、上記のようなネット上の情報から塾講師を敬遠している方は、是非一度本エントリを読んでみて下さい。

 

では、いってみましょう。

塾講師バイトの詳細

授業概要

授業をする生徒の年齢層は、小学生から高校生(予備校生含む)までが対象となります。生徒が高校生以上だと、理系科目、文系科目に別れて先生が授業をしますが、中学生以下の場合は、全教科を教える事になるのが一般的です。

授業の難易度としては、中学生が一番易しく、高校生がそれと同程度かやや難しく、一番厄介なのが、小学生になります。

なぜ、小学生が厄介なのでしょうか。

それは、小学生で塾に通っている生徒の多くは、中学受験を目標としているからです。受験など考えず、学校の学習の手助けの為に塾に通っている小学生であれば指導は簡単ですが、中学受験生の指導には慣れが必要になります。

もし、あなたが、中学受験経験者であれば、問題無いですが、私の様に、小学校から大学院まで全て公立で、私立受験をした事が無い方にとっては、特に数学において、初見の解法が多くあり困惑するはずです。

小学生は連立方程式や負の数を使えない為、鶴亀算や、旅人算、植木算などの中学受験用の方程式を使わない解法が求められます。またその他高校数学となる組み合わせや順列の問題も出題されます。

 

授業形態

塾講師の授業形態は大きく分けて、集団授業と個別授業の2つの形態に分類されます。集団授業は20~40名程度の生徒を相手に、黒板の前に立ち学校の授業と同様に板書しながら進めていきます。

個別授業は1~5名程度の生徒に対して、先生が横に座り生徒と近い距離で、授業を進行します。

私はどちらの形態も経験済ですが、両者の大きな違いは以下3になると思います。

コミュニケーションの違い

まず、集団授業で有れば、基本的には先生が喋りっぱなしなので、コミュニケーションは一方向になります。しかし、個別指導で有れば、生徒と対話形式が主でありコミュニケーションは双方向に発生します。

雑談等、授業と関係ない話をして、生徒へのアイスブレイクを図る事も、個別指導では重要な要素の一つになります。

授業対象年齢の違い 

集団授業の場合は、教室の生徒は、同学年の生徒で統一されます。しかし、個別指導の場合は、1コマで高校生と小学生を同時に教えるなど、基本的に、生徒の学年は統一されていません。

一人の生徒に小学生の算数を教えながら、隣の生徒に高校の物理を教えるなど、慣れていない場合は、やや混乱しやすくなります。

時給の違い

個別指導よりも、集団授業の方が時給が高い場合が多いです。個別指導が1コマ2,000円弱に対して、集団授業の場合は1コマ2,500 - 3,000円弱といった相場になっています。

塾により時給は様々なので、詳細については一度塾側に確認することをおすすめします。 

 

授業準備

この項は、塾のバイトを始めるに当たり、非常に重要な項目なので、注意して下さい。

基本的に塾講師のバイトを始めるに当たり、授業準備はほとんど必要ありません。通常大手の塾であればマニュアル等が完備されており、個別指導、集団指導関係なく、そのマニュアル通りに授業をする事を求められます。

これは、先生による授業の品質のバラつきを押さえて、標準化する事が目的です。

勿論、先生毎で微妙に授業の色は変化しますが、ベースとなっているのは必ずマニュアルです。その為、バイト側で何か事前に学習したり、準備をする必要は特にありません。授業前に本日の学習範囲をざっと眺め、頭に入れるだけで完了です。

また、1年もバイトを続けると授業が一周し、その後はルーチンワークになる為、更に負担は軽減されます。

逆に、弱小塾や個人塾ではこのようなマニュアルが存在せず、授業のほとんどをバイトの実力に頼る傾向が強いです。

他塾にて、経験を積んだ後、より自由が効く校舎に移ることは問題ないですが、もし初めて塾講師のバイトをするのであれば、しっかりマニュアルが完備されているところを選択しましょう。

 

時間外労働 

時間外労働は通常の塾では殆どありません。正直今回のエントリーを書く動機の一つがこの点について書きたかったからです。

ネット上では、授業前準備、授業後の記録作成で、塾講師は大量の時間外労働を強いられるという話がありますが、そんな事をしている塾は一部しか存在しません。

少なくとも私が長く働いていた校舎では、時間外労働など、1ヶ月で30分もありませんでした。

もし、このエントリーを読んでいる方で、既に塾講師のバイトをしており授業毎に多くの時間外労働を求められている方は、早めにその塾を辞めてしまいましょう。

労働に見合った対価を払えない環境で、無理に頑張る必要は一切無いです。探せば、時間外労働がない塾など大量に存在します。

もし近場の塾で安易に職場を選んでしまった方は、以下のサイトにて、きちんと環境を比較し、もう一度選び直してみましょう。 

 

塾講師のバイト専用の大手サイトとなり、日本で一番多く、塾の求人が記載されています。 私も上記サイトに登録して、職場を見つけました。 

服装について

塾により様々ですが、基本的に男性はスーツ着用が義務付けられ、女性は華美ではない、オフィスカジュアルか、スーツ着用となっています。

校舎によっては、男女とも白衣の着用を義務化している場合もありますが、私がバイトを経験した塾は、すべて男性はスーツでした。

また、髪型についてですが、長さについてはそこまで厳しい規定はありませんでしたが、基本的には黒髪のみで、染髪は禁止されていました。またピアスや華美なネックレスなどのアクセサリー類も禁止です。

この点は人にとっては大きなネックとなってしまうかもしれませんが、塾によっては、服装について緩いところもあるため、一度面接時に社員に相談してみましょう。

 

昇給について

塾によっては、昇給制度を取り入れている場合があります。

授業に関する研修を受け、塾側が用意する試験に通過することで、時給アップが望めます。私が勤務していた個別指導塾でも昇給制度があり、以下のような流れで、試験を実施しました。

1. 担当者が生徒の授業風景を確認

適した授業が出来ているか、生徒とのコミュニケーションは問題ないか、生徒が授業内容について、十分理解できているかの確認を行います。私の勤務していた塾では、試験時は監視カメラを付け、授業風景を担当者が遠隔でチェックしていました。

2. 筆記試験 

筆記試験と書きましたが、講師の学力を問うものではありません。生徒への適切な対応方法、及び塾の倫理規定についての確認のテストになります。 

 

上記の実技試験と筆記試験を通過出来た場合、昇給が認められます。試験自体は簡単なので、昇給も高い金額ではありませんが、他のバイトで、このような昇給制度を取り入れているバイトも少ない為、この点は塾講師の大きなメリットになるでしょう。 

※私の場合は昇給後 、時給が100円弱アップしました。

 

夏季・冬季講習

塾講師のバイトが非常に稼げる理由の一つとして、夏季・冬季講習が挙げられます。

通常1日4コマの授業ですが、講習中は8コマから多い場合は10コマとなり、一気に稼ぐことが出来ます。私が勤務していた塾では、講習中は8コマとなり、1日で2万円近く稼ぐことが可能でした。

時給800円のバイトをしている場合、1日で2万円稼ぐ為には25時間働かなければならず、実質不可能です。その観点から見ても、塾のバイトは非常に効率の良く、高時給であることがわかるでしょう。

実際私は夏期講習中の1ヶ月間で25万円ほど稼いだ事があります。 

 

試験監督の実施 

大手塾の場合は、授業のバイトの他に、定期的に、通塾している生徒に対して模擬試験を実施する為、試験監督を募集します。

時給は1,000円ほどと、授業と比較し安価ですが、試験中、ぐるぐる教室を歩き回るだけなので、非常に楽です。

試験監督のみのバイトであれば、不定期に以下のサイトで募集していますが、

 

そのようなサイトに応募することなく、自身の通いなれた校舎で優先的に楽な試験官のバイトが出来るのは大きなメリットでしょう。

塾講師のバイト1日の流れ 

では、本項ではもっと具体的に塾講師のバイトの1日の流れについて説明します。私が実際にバイトをしていた時を取り上げていますので、参考になれば幸いです。

塾にもよりますが、通常60分~75分を1コマとし、4コマ構成で1日の授業は構成されます。私がバイトしていた塾の場合、75分の授業のあと、5分休憩を取り、その後次の授業に入ります。  

 

f:id:eternalcollegest:20170328152132j:plain

1コマ目開始が17時で、4コマ目終了が22時過ぎとなっていました。1コマ2,200円であったので、4コマ全て出勤した場合は、8,800円となりました。

大学の授業やサークル活動などの関係で、17時出勤が難しい場合は、シフトの調整が可能です。2コマ目や3コマ目から授業に参加する等も出来る為、もし不安な場合は、面接時に社員に相談してみましょう。 

 

ブラック塾を見抜き、良い塾を探すために

本項では、時間外労働が少なく、条件の良い塾の探し方について、記載します。ステップ毎に分けて記載しますので、参考にして下さい。 

塾求人の探し方 

まずは、以下の専門サイトに登録しましょう。※登録は無料です。

上記でも説明しましたが、塾講師求人の一番大手のサイトになるので、他サイトと比較し、求人の量が圧倒的に多いです。塾講師のバイト探しでは、本サイトがベースとなるため、必ずチェックしましょう。

また求人を探す際は、特に以下の点に気を付けて選択する事をおすすめします。

  • 塾講師のバイト初心者の方で、授業に自信が無い方は、まずは個別指導塾を探す方がベター。 
  • 時給については、最低1,500円以上のところを探す。(地域によっては2,000円)
  • 大手個別指導塾はブラックな傾向が強いため、注意する。個別指導で求人を探す場合は、集団授業を行っている塾で、個別指導も合わせて実施しているところがマニュアル等の準備もしっかりしている傾向が強い。
  • 集団授業の塾を探している場合は、なるべく大手を選択する。小規模塾でも良い環境の集団塾はあるが、数は少ない。

個別指導と集団授業で狙う塾がやや異なってきますので、その点は注意しましょう。

見学・面接 

条件の良い校舎を見つけたら、面談に行きます。日程を予約し、履歴書を準備しましょう。

当日の服装ですが、特に指定が無い場合は、男性も女性もスーツを推奨します。髪も黒髪推奨です。また、ピアス等の華美なアクセサリーは厳禁です。

※校舎によっては、茶髪OKなので、その点は面談時に確認しましょう。

面接時には、記録等の業務外作業、及び時間外労働の長さについて、しっかりヒアリングすることをおすすめします。ここで言葉を濁すような職場であるならば、たとえ採用されたとしても断った方が良いかも知れません。

 

塾講師のバイトに採用されるコツ

これは実際に私の面談をした社員に聞いた話なのですが、塾講師として採用する際に、社員側は以下の点について志望者を見ています。

  1.  コミュニケーション能力
  2.  明るいか、はきはきしゃべれているか
  3.  笑顔

さて、ここで気づいた方もいるかも知れませんが、基本的に志望者の学力など、社員はほとんど見ていません。高学歴であるほうが確かに面接は有利ではありますが、それ以上に、コミュニケーション能力や協調性、ポジティブであること、笑顔が良いかなど、人間性の部分を問われます。

学歴にあまり自信がない方も、気にせず堂々と面接に望みましょう。採用後、授業を進めるうちに、学歴などほとんど関係ないという言葉の意味が分かるはずです。

 

おすすめサイト 

以下、塾講師のバイトを探す際に私が参考にしたサイトを記載いたします。塾講師のバイトは、校舎毎によってかなり環境が異なる為、安易に選択せず、きちんと比較し、慎重に選ぶことをおすすめします。 

1位.塾講師JAPAN

上記でも説明しましたが、業界No.1の求人数を誇るサイトです。

首都圏をはじめ47都道府県すべてに掲載教室があり、指導形態や働き方もいろいろ選べるので、 自分にぴったりの塾が見つかる求人サイトです。

祝い金制度も充実しており、採用後は最大2万円を貰える点も、本サイトを使う大きなメリットになります。

もし、どうしても他サイトに登録して並行して求人を追いたい場合は、『塾講師ステーション』などのサイトがありますが、そのような手間をかけるよりは、掲載数の多い、『塾講師JAPAN 』 にて教室を探し、どんどん面接を受けた方が、あなたの希望にあった教室が見つかりやすいと思います。

 

まとめ

f:id:eternalcollegest:20170328152735j:plain

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

塾講師のバイトは他のバイトと比べ、生徒と接し、その成長を間近で見る事で、唯一無二の経験が出来るアルバイトだと思っています。

何より、人に分かりやすく物事を教える事は、あなたの人生においても非常に重要なスキルの一つです。そのスキルをお金を貰いながら磨く事が出来る点は、本当に素晴らしいと、私はバイトをしていて実感しました。

残業が多いなどの批評があり、私もバイトを始める前はかなり疑心暗鬼でしたが、実際にアルバイトを始めてみると、職場により、形態は多種多様である事が分かりました。

たしかに、社員であるならばかなり激務をこなさなければなりませんが、基本的にバイトであれば時間外労働など、ほとんど存在しません。

このエントリーを読んで、塾講師のバイトに少しでも興味が沸いて頂ければ、これ以上嬉しいことはありません。もし、本エントリーで何か気になる点があれば、是非コメント頂けますと幸いです。

 

他アルバイト関連のエントリーはこちら! 

 

ウマキ