読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の大学生になるために

アラサーリーマンが永遠の大学生気分を味わう日記。就職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

【就活】大企業リクルーターが、内定が出ない人の共通点を6つ上げる

就活 仕事・就職・バイト

【スポンサーリンク】

f:id:eternalcollegest:20160915094652j:plain

今回はリクルーターとして色々な人と面談や会話するに当たって、この人は少し内定は厳しいんじゃないかな・・・。と思う人の特徴を挙げます。

就活生で、中々内定出ない人は下記に当てはまっていないか確認してみると、今後の就活が上手く回るかもしれません。

【2017/03/23 修正】

では、順番にいってみましょう!

内定が出ない人の共通点 

笑顔、声の大きさが足りない

f:id:eternalcollegest:20160915095523j:plain

これはまず第一に挙げられる要素です。少なくとも企業は声が小さく笑顔が少ない社員よりも、ハキハキした笑顔の良い社員を好みます

面接という特殊な環境化で緊張してしまうのは分かりますが、どんな時でもきちんと笑顔を見せられているでしょうか。

笑顔は初対面の相手を和ませる、何にも代えがたい武器であり、コミュニケーションの基本となります。単純ですが、非常に重要なことです。

面接の序盤は笑顔が出来ていましたが、終盤からはその笑顔がなくなるといった人も少なくないです。

一度鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。 

情報収集が足りない

f:id:eternalcollegest:20160915114103j:plain

就職活動は、情報収集ゲームであると言っても過言ではないです。狙った企業に対して、どれだけ多くの情報を短期間で集められるかに依って、勝負は決まります。

希望している企業の、サービスや事業内容、今後の目指す形や他ライバル企業についてなど、集められるだけの情報はきちんと収集し、整理しましょう。

面接時に志望している業界や企業の突っ込んだ質問に対して、『良く分かりません。』という回答をしてしまうと、企業は「どうやら、ウチの事良く理解していないようだし、本命ではないのかな・・・。」と判断してしまいます。

学生気分が抜けていない

f:id:eternalcollegest:20160915114120j:plain

学生時は大学に授業料を払っていたので、あなたは『お客様』の立場でしたが、就職活動では逆に自分を商品として企業に売り込む形になります。

その為、学生気分のまま『誰かがどうにかしてくれる』と受動的な人はまず就職活動に失敗します。誰かではなくあなた自身が能動的に動く必要があるのです。

疑問があったら、調べましょう。情報が欲しければ、詳しい人を探しましょう。面接の練習がしたければ、友達を使いましょう。OBへコンタクトもとりましょう。それら全てを能動的に行いましょう。

企業についても、受動的に動く人は必要としていません。

特に大企業は受動的に動く人員はもう溢れ返っています。だからこそ会社に新しい風を社内に吹き込む、能動的な新入社員を欲しています。 

練習不足・準備不足

f:id:eternalcollegest:20160915114136j:plain

自己PRや志望動機、趣味、学生時代に励んだことなど、基本的な質問は必ず暗記しておきましょう。

面接はゲームですので、何度も実施すると必ず慣れます。友達と何度も面接練習を実施し、改善点を指摘してもらいましょう。また、面接練習の為に数社企業を受験するのも有効な手段です。 

面接は騙し合いゲームだと理解してない

f:id:eternalcollegest:20160915114148j:plain

面接は、あなたが面接官の前で自分を演じるゲームです。

あなた自身の今までの経歴を嘘がない範囲で装飾したり、志望動機を見栄え良く整えたりして、面接用の新たなペルソナを持ち、挑む必要があります。

いうなれば、面接官の前できちんと自分を取り繕う必要があるのですが、これが出来ていない人が非常に多いです。

あなたは商品です。面接官に多種多様の商品の中から、あなたを選別してもらう為、あなたは綺麗で見栄え良く、なおかつ他の商品とは違ったオリジナリティーを持っている必要があります。

面接及びエントリーシート対策については、以下のエントリーを参照下さい。

 

無駄な行動が多い

時間は限られています。特に就職活動終盤においては、様々な企業からの面接が入り乱れて、スケジュールが非常に逼迫した状態になります。

その為、個々人のスケジューリング能力を問われる場面が頻出します。自身の中で優先順位をしっかりと定め、取捨選択を主体的に行わなければなりません。また、どうしても日程が被さる事を避けれない場合は、企業へ連絡し、面接の日付を変更してもらうなどの交渉が必要になります。

上記調整についても、恐れず行いましょう。あなたが優秀な人材であると示せたならば、企業は容易に面接の日程変更に応じてくれます。

主体的に自身のスケジュールを組み立てる能力は、社会人になってかも必須なので、良い練習の機会だと捉え、チャレンジしてみましょう。

 

まとめ

f:id:eternalcollegest:20160915114957p:plain

上記の件を踏まえて 、逆に内定を獲得出来る人は

  • 常に笑顔でハキハキ受け答え出来ている
  • 企業、業界研究がしっかりと完了している
  • 能動的に動くことが出来ている
  • 面接練習をきちんとしている
  • 面接時、面接用の自分を演じれている

となります。あなたはいくつ当てはまるでしょうか。今回紹介した事項は非常に基本的なことなので、一つでも当てはまらない項目があった人は要注意です。

就活はただのゲームであり、儀式です。

学生にとって、このような儀式は初めてで違和感や嫌悪感を覚える人も少なくないですが、社会人になれば、このような事は日常茶飯事です。

社会人になる為の第一歩として、投げ出さずしっかり取り組んでみましょう

 

もし、質問等ありましたら、コメント頂けると幸いです!

他就職活動関連エントリーはこちら!

ウマキ