読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の大学生になるために

アラサーリーマンが永遠の大学生気分を味わう日記。就職活動関連記事や、ネタ面白記事、カップルのお話、映画、漫画、ゲームなどを書いていきます。

結核で死ぬ前に、耳元で流したい10の曲について

雑記

【スポンサーリンク】

ウマキです。絶賛拒食中(食べると吐いてしまう)です。

常に酷い頭痛と発熱に悩まされており、結核の疑いで隔離病棟に飛ばされました。私は基本この病室から自分の意思で一歩も外に出る事が出来ません。

 f:id:eternalcollegest:20161016233327j:plain

人間というのは愚かなもので、普段何もせずとも得られている『健康である』ことについて、何の感謝もしていません。

一度それが侵害され、精神や身体に大きなダメージを負って、初めて教訓となります。

 

だって、私は元気だった時に真剣に、本気で死ぬと仮定し、死ぬ前に曲を選出しようなんて、思ってもいませんでした。

何故なら健康な時間は、まだまだ大量に存在し、例え体調を崩してしまうにしても、それはもっと後の話だと錯覚していたからです。

 

でも実際は違いました。そもそも、今回の場合は私が彼女様と一緒にご飯を食べていなければ、その時点で死んでいます。

丁度ご飯を口に運んで飲みこもうとした際に痙攣を起こしているので、彼女様が看護師で適切に処置して貰えたから、最短で口のブツを処理し、気道確保し、救急車で搬送されました。

 

しかし、そうでなく一人で飯を食べていた場合、最初の痙攣で喉にブツを詰まらせ、その時点であの世逝きです。

 

ですから、今改めて生きているのを感謝しつつ、長年思っていた死ぬ前とか、死んだ時流す曲を決めた方がいいなと思い、ようやく選び終えました。

 

私は音楽が好きです。才能がなくて作るのは不可能ですが、でも音楽を聴きながら絵を描くのは私の至福の楽しみです。

そう、だからこそiphoneに入っている、何千という曲からたった10曲に絞るのは、本当に身を削るような辛い作業になりました。

 

今回は需要がない、私自身向けの記事になってしまい、あまり書きたくないのですが、(本来はSEO的にも需要があり、少しでも皆様の為になったり、ネタになったりする記事を書くことを目標にしています。)今回の事で、先は何が起こるか分からない事を強く学びました。

本当に人は突然、パタッと居なくてってしまうのです。

 

だからこそ、先に色々準備していた方が、絶対にいいです。特に私のような何千曲もiphoneに曲が入っているような人は、ある程度時間をかけないと10曲なんて絶対に選びきれないと思うので。

 

前置きが長くなりました。ではいってみましょう。

 

10曲をランキング形式で紹介

1.『同じ話』 ハンバードハンバード

知ってる人は知ってる、名作バンド。ハンバードハンバードですね。

正直、私は上の曲の冒頭が流れるだけで、涙が頬をつたります。

色々な見方が出来る不思議な曲になります。ある見方をすると私の過去と合致する為、どうしても非常に感情移入してしまうという・・・。

2.『喪に服する時』 ハンバードハンバード

 

本当に死ぬ時の為に作られたような曲です。このハンバードハンバードのいいところはこのようなテーマの曲でも、毒を正面を向いてキチンと優しく歌いきっているところです。

3.『平らな世界』 FOZZ TONE

私の一番大好きなバンドです。この曲はボーカルの出身地をテーマにしたお話。乾いた世界観をベースにやるせない話が淡々と進みます。このような表現を出来るアーティストは本当に稀有だと思うので、おススメ!

4.『Not Pretty Enough』Kasey_Chambers

メンヘラ女の子が聞くと涙しちゃう一曲。『私、ちゃんと可愛かったかしら』『もっと努力した方がよかった?』ボーカルの声が非常に可愛くてつい聞いてしまう1曲。

5.『飛び方を忘れた小さな小鳥』MISIA

スターオーシャン3のテーマソング。正直これが目当てでゲームを買ったと言っても過言ではない。MISIAの透き通るような声と合わさり、自身が鳥の気持ちになったような気分になれる曲です。

MISIAの曲の中でも、私は本作が一番好きかも知れません。

6.『21世紀にも鐘なる』HALF TIME OLD

入れようか迷いましたが、私が初めて路上ライブで胸を撃ち抜かれた1曲だったのでランクインさせました。元々私は変わり者で、曲聞く時にそのアーティストが本当にその歌詞を信じているかを良く見ます。

例えば『1億と2千年まえから愛している~』というアホな歌詞がありますが、そもそも人はそんな長生き出来ないので上の作詞には何の意味もありません。作詞者は本当に1億2千年生きた心境が理解出来ているか、甚だ疑問だからです。

そのような疑問が浮かぶと、歌詞は途端に陳腐なものになり下がります。

この歌詞も中々臭い表現があるのですが、何度か彼の路上ライブを目に書けるうちに、彼は本当に信じていて、彼の中の真実をそのまま謳っているという事に気づきました。

7.『スカボロ・フェアー』 アンサンブル・プラネタ

本当はアンサンブルプラネタの『だったん人の踊り』を紹介したかったのですが、youtubeになかったので、次点のスカボロフェアーを。

8.『音楽』FOZZ TONE

FOZZの音楽ですね。これを最初に聞いた時に出た鳥肌を今でも覚えています。昭和を彷彿させるMVもGood。

9.『ハレルヤ』FOZZ TONE と セカイイチ

こちらは、FOZZとセカイイチという老舗バンドの融合。結構この体系で色々な曲を出してる。その中でもこの曲は聞くと本当に元気をくれる曲である。

10.『赤橙』ACID Man

Acidman好きなら絶対に好きな曲。私は多分この曲は10万回以上は聞いた事がある曲だと思う。どことなく抒情的な雰囲気の元、まさくし曲名の通りオレンジ色に近い雰囲気が色彩として眼前に広がります。

 

まとめ

はい、今回は上の様な順位となりました。

そもそも書く内容も決まった後書き始めたので、まあすぐに書き終われるわと思っていたのですが。頭痛と吐き気と発熱に阻まれて、1週間以上かかってしまったという・・・。

 

はあ、生きるの大変ですわ・・・。

 皆さんも体調には本当に気をつけて下さい・・・。健康な肉体と精神はホント何にも代えがたいお宝です。

 

2016 10 21 追記

熱や頭痛も落ち着いてきて、ようやくちょっと元気になりました。